スマートフォン版へ

京都競馬場、トウカイトリックの献花台を設置

  • 2014年05月01日(木) 20時45分
 JRA京都競馬場は、4月16日に不慮の事故で亡くなったトウカイトリックを偲び、競馬場内に献花台を設置した。設置場所はパドックのすぐ近くにある馬頭観音のそば。期間は6月1日(3回京都開催の期間中)まで。

 献花台は先週からすでに設置されており、すでに多くの方々が同馬を偲び手を合わせている。

「馬頭観音には多くの馬たちが祭られていますが、トウカイトリックもその中の1頭です。記帳はありませんが、写真などが飾られています」(JRA京都競馬場)

 霊前にはすでに多くの献花が手向けられ、お供えのリンゴやにんじんがたくさん届けられている。

 今週は同馬が昨年まで8年連続で出走(中央競馬同一重賞最多出走記録)した天皇賞(春)。これまでとは違うかたちだが、今年もトウカイトリックに会いたい多くのファンが集まるだろう。

(取材・写真:花岡貴子)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す