スマートフォン版へ

抜けた実績の馬がおらず波乱含み/CBC賞の見どころ

  • 2014年06月30日(月) 12時06分
 連覇を達成したマジンプロスパーなど、毎年スプリント界の一線級が出走するレースだが、今年はそういった馬がおらず、実力が拮抗している印象。ハンデ戦でもあるので波乱要素は多く、高配当が期待されるところ。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■7/6(日) CBC賞(3歳上・GIII・中京芝1200m)

 エピセアローム(牝5、栗東・石坂正厩舎)はここでは実績上位。2012年のセントウルSではロードカナロアを破っている。一時期はスランプに陥ったが、ここ3走は成績が安定しており、何かのきっかけで復活してもおかしくない。それがこの場面になるか。

 ルナフォンターナ(牝5、栗東・池江泰寿厩舎)はここにきて3連勝と勢い十分。以前は好位から押し切るスタイルだったが、2走前から差して結果を出している。勢いではこの馬が一番だし、ここは上位争いが期待される場面。

 ベルカント(牝3、栗東・角田晃一厩舎)はファンタジーSフィリーズレビューと重賞2勝。今回は桜花賞以来のレースとなるが、短距離での安定度は抜群で、ここは古馬が相手でもむしろ胸を貸す場面。

 その他、ここ3走結果が出ていないがスプリントGI3着の実績があるマヤノリュウジン(牡7、栗東・庄野靖志厩舎)、前走1200m戦で鋭い末脚を見せたリアルヴィーナス(牝3、栗東・安達昭夫厩舎)、ムラはあるが能力も高いスギノエンデバー(牡6、栗東・浅見秀一厩舎)、開幕週でそれほどタフな馬場にならなければ台頭するニンジャ(牡5、栗東・宮徹厩舎)辺りも十分に馬券圏内。発走は15時35分。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す