スマートフォン版へ

クリノスターオーは集中力がカギ「気分良く走れば」と中塚助手/エルムS

  • 2014年07月24日(木) 12時00分
 本番でも集中力が鍵を握りそうだ。平安Sの覇者クリノスターオーは函館Wで単走。5F71秒7-42秒3-14秒0。1〜2角で立ち止まるなど気難しさをのぞかせ、ラスト1Fは時計を要した。そのまま“追試”としてもう1周し、3F42秒8-14秒1。「状態は問題ない。前走は真面目に走ってくれたけど…。能力はすごいので気分良く走れば」と中塚助手は祈るような表情で語っていた。

 重賞2勝目へ態勢は整った。ソロルは栗東から駆けつけた松山を背に函館Wで併せ馬を敢行し、4F55秒6-40秒8-12秒9のタイムでサトノアッシュ(2歳未勝利)と併入。「動き、しまいの反応とも良かった」とジョッキーは好感触を伝える。平安Sはメンバー最速の上がり3F35秒9を繰り出して2着。「うまく脚をためられた。でもスタートも速い馬ですから」と自在に運ぶ構えだ。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す