スマートフォン版へ

重賞初Vへセイコーライコウ鈴木康師は「当然期待は大きいよ」/アイビスSD

  • 2014年07月31日(木) 12時00分
 まさに7歳の今がピークだ。念願の重賞初Vへ、セイコーライコウが完璧な身支度を整えた。

 1週前が実質的な本追い切り。直前は予定通りセーブした。十分にインターバルを取ってからの美浦坂路2本目。ラスト1Fだけ脚を伸ばして13秒1(4F57秒1-40秒0)でフィニッシュ。全て計算された内容に、鈴木康師は「暑いから息を整える程度で、と指示した。時計は毎週出しているし、きょうも動きは良かったね」と満足そうにうなずく。「オーナーが可愛がる人だから、ゆったりとレースをチョイスしてこれた。7歳だけど、ブランクがあったし、まだ上昇していると思う」と笑みがこぼれた。

 前々走の韋駄天Sが初の直線競馬となったが、うまく脚をタメて一気に抜け出す完勝劇だった。「自分の想像をはるかに超えていたよ」と指揮官はうれしそうに振り返り、「同じ舞台だし、当然期待は大きいよ。外枠で前をふさがれるくらいなら、かえって内枠の方がいいね」と続けた。

 一方、主戦の柴田善は直線競馬が向くと見抜いていた。「1200mでも引っ掛かる馬だからね。気性の問題はあるが、どこからでも動けるので、千直は絶対に合うと思っていた。強い勝ちっぷりだった」と胸を張った。

 前走の函館スプリントSでは、外々を回らされるロスがあっての0秒2差4着。「7歳でも競馬に飽きていない。この年になると早めに勝負を投げる馬が多いが、まだ一所懸命に走る」と主戦は衰えない闘争心に感心しきり。「あとは暑さがどうかだね」。強敵は天候だけ!? のようだ。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す