スマートフォン版へ

古馬の重賞上位常連と3歳トップクラスのマイラーが対決/関屋記念の見どころ

  • 2014年08月11日(月) 12時01分
 サマーマイルシリーズの第2弾・関屋記念。今年は初参戦となるダノンシャーククラレントといった実績馬にショウナンアチーヴタガノブルグの3歳トップクラスの馬が参戦。世代間の力比べという点でも非常に興味深い一戦となりそう。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■8/17(日) 関屋記念(3歳上・GIII・新潟芝1600m)

 ダノンシャーク(牡6、栗東・大久保龍志厩舎)はこのメンバーでは格上の存在。前々走の阪急杯では人気を裏切る形になったが、前走の安田記念では4着に入線して力のあるところを見せた。休み明けでも走れるタイプだし、少し間隔の開いた今回も上位争いに持ち込んできそうだ。

 クラレント(牡5、栗東・橋口弘次郎厩舎)は前走の中京記念では余裕残しの仕上げ、ハンデ57.5キロもあって8着に敗れてしまったが、今回は夏場で絞れてくるだろうし、斤量も別定の57キロ。巻き返せる条件は揃った。新潟コースは初となるが、同じ左回りの東京での成績を考えると問題ないだろう。

 ショウナンアチーヴ(牡3、美浦・国枝栄厩舎)は朝日杯FSで2着、ニュージーランドT勝ちと現3歳世代ではトップクラスの実績。前走のNHKマイルCでは伸び切る事ができなかったが、差しが決まりやすい今の新潟の馬場は合っていそう。古馬との斤量差もある今回は、じっくり構えて末脚を生かせば上位争いに加われるはずだ。

 タガノブルグ(牡3、栗東・鮫島一歩厩舎)はNHKマイルCで2着に入線。快速ミッキーアイルをクビ差まで追い詰めた。使い込まれて良くなってきた馬だけに、今回は休み明けが鍵となるが、古馬相手にいきなりから目処を立てられてもおかしくはない。

 エキストラエンド(牡5、栗東・角居勝彦厩舎)は前走の安田記念で崩れてしまったが、それまでは重賞戦線で3走連続の上位争いを演じた。新潟コースは初となるが、左回りも問題ないし、リフレッシュの効果があれば再度上位争いは可能だろう。

 その他、マイルで安定した成績を残すマジェスティハーツ(牡4、栗東・松永昌博厩舎)、前走で復活の兆しを見せたミッキードリーム(牡7、栗東・音無秀孝厩舎)、今季は復調ムードのサンレイレーザー(牡5、栗東・高橋義忠厩舎)辺りも上位争いの圏内。発走は15時45分。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す