スマートフォン版へ

マジェスティハーツ松永昌師「前走の反動はなさそう」/関屋記念

  • 2014年08月12日(火) 12時00分
 シリーズ初戦の中京記念で3着に好走したマジェスティハーツ。直線でいったんは先頭に立ち、勝ち馬とタイム差なしと見せ場十分の内容だった。1週前追い切りは、栗東CWで6F83秒4-11秒8(馬なり)をマーク。馬場の内めを回ったとはいえ、切れのある伸び脚でタイムも上々だ。松永昌師は「動きは良かったし、前走の反動はなさそう。むしろ馬は良くなっているくらい」と状態アップを口にする。「マイル戦という条件は合っているし、この距離なら折り合いにも心配はない。勝ち負けになると思っている」と強気の姿勢。ここでVならシリーズ制覇も見えてくる。

 中京記念は7着と崩れたサトノギャラントだが、不得手の馬場で行きっぷりがひと息。直線でも伸び切れず末脚不発に終わった。藤沢和師は「湿った馬場になってしまい、最後に伸びそうなところで伸び切れなかった」と振り返る。1週前追い切りでは、美浦坂路で4F56秒8-12秒6(馬なり)。馬任せの内容で時計は平凡だが、脚さばきは軽快で状態面は良好だ。「動きが良かったし、いい雰囲気を保っている」と叩いた上積みを強調。「新潟コースは合っているので好結果を期待している」。2走前は同舞台の谷川岳Sでメンバー最速の上がりで2着。今回は本来の力を見せてくれるはずだ。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す