スマートフォン版へ

調教で誤算が生じたショウナンアチーヴに国枝師は苦笑い「元気がいいみたい」/関屋記念

  • 2014年08月14日(木) 12時00分
 最終リハーサル“失敗”のハプニングも何の、2つ目の重賞タイトル獲得へ態勢は整った。ショウナンアチーヴは柴田善を背に、マンボネフュー(4歳1000万下)とともに美浦坂路へ。スタートから軽快に飛ばすと、手綱を持ったまま最後までスピードは衰えず4F54秒3-40秒1-13秒6をマークした。

 初コンビを組む鞍上とのコンタクト。呼吸を合わせて走っていたかと思いきや、実は誤算が生じていた。国枝師は開口一番、「本当ならマンボが先に行っていたはずなんだけど…」。端から見れば先行先着の併せ馬だったが、陣営が描いていたのは追走から闘志に火をつける内容。「元気がいいみたい。スイスイ行っちゃった」と師は苦笑いを浮かべた。

 一方、柴田善は「いいんじゃないの。動きは良かった。イメージとはちょっと違ったけど、どこかで脚をためられれば」。まさかの“暴走劇”にこちらも苦笑したものの、手応え自体は十分に得た様子だ。昨年の朝日杯FS2着馬で、今春はニュージーランドTを快勝。世代トップクラスのマイラーが、古馬撃破に名乗りを上げた。

 サトノギャラントは美浦坂路で3頭併せを行い、追走併入。4F56秒6-40秒3-13秒0をマークした。盛夏の連戦は初めてだが、キビキビと動いて元気いっぱいだ。感触を確かめた北村宏は「変わりなくきている。前走は発表以上に馬場が悪かった。良馬場で走らせたい。ヨーイドンの勝負でも大丈夫。あとは普通にゲートを出てくれれば」と反撃を誓った。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す