スマートフォン版へ

ハープスターの落鉄に松田博師「爪が薄くて外れやすい馬だから問題ない」/札幌記念

  • 2014年08月21日(木) 18時00分
 ハープスターの左前脚から蹄鉄が吹っ飛んだ。札幌芝コース。2周目の残り約100m地点。前を行くウェーブゴールド(3歳500万下)、スギノピクシー(3歳未勝利)を猛追中の出来事だった。

 実質的には単走追いで6F80秒1-36秒4-11秒1をマーク。「目標がいないと走る気を起こさない」(松田博師)ため、道中は先行2頭を5馬身ほど追走。そこからグングン加速し、ラスト1Fは持ち前の切れ味を発揮した。

 松田博師は「雨が降ったからダートではなく芝に入れた。落鉄した? もともと爪が薄くて外れやすい馬だから問題ない。普通に順調にきているし、元気が出てきたと思う」と及第点を与えた。

 ただ、微妙なもやもや感は残る。2着に終わったオークスでは左前脚の蹄鉄が外れかけた。左前脚の蹄鉄が外れやすいのは、少なくともいい材料とはいえないだろう。

「能力的に古馬に劣るとは思わない。相手が強いのは分かっているが、3歳牝馬で斤量は有利。コースどうの言われても、こなさない限り勝てない。結果はどうあれ、ファンが(凱旋門賞で)応援したくなるようなレースを見せたい」と指揮官は力を込めた。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す