スマートフォン版へ

ゴールドシップ今浪厩務員「太った感じではなくて張りがある」/札幌記念

  • 2014年08月22日(金) 18時00分
 函館で調整されていたゴールドシップは、木曜の午前9時30分に札幌へ到着。約5時間の長旅にも元気いっぱいの様子で、今浪厩務員は「東京や中山だと馬房に入れてグルグル回るが、落ち着いている。無事に着いてくれたのでホッとしています」とうなずいた。芦毛の5歳馬は充実一途だ。「体重は少し増えている感じがするが、太った感じではなくて張りがある」と出来の良さに胸を張った。

 最終リハでの左前肢落鉄から一夜明け、ハープスターはいつも通り、札幌ダートで1周半の調教を行った。松田博師は「きれいに落鉄したから、良かったわ。すぐに蹄鉄を打ち替えた。問題なく(レースに)使える」と不安を一蹴。「きょうは混んでいる時間に(馬場へ)入れたが、やっぱり馬が前後にいると落ち着く。1頭やったら怖いから」と、胸をなで下ろしていた。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す