スマートフォン版へ

アヴニールマルシェ藤沢和師「(前走は)あそこから勝つのだからたいしたものだよ」/新潟2歳S

  • 2014年08月26日(火) 12時00分
 新馬戦をインパクト十分のレースぶりで勝ち上がったディープインパクト産駒の素質馬アヴニールマルシェが、美浦坂路の1週前追い切りで素晴らしい伸び脚を披露した。持ったままで4F56秒8-12秒7のタイムを計時。馬体もたくましくなり、パワーアップした姿が目を引く。

 藤沢和師は初戦を「2着馬にやられたと思ったが、あそこから勝つのだからたいしたものだよ」と絶賛する。前半5F通過が65秒3。新馬戦特有の超スローで、差し馬には厳しい流れだったにもかかわらず、メンバー最速の上がり3F33秒9を駆使して後方一気の差し切りVを決めた。

 2着のロジチャリスが次戦で3馬身半差の完勝を決めたことで、さらに初戦の価値は上がった。昨年は1着ハープスター、2着イスラボニータと、のちの桜花賞馬、皐月賞馬がワンツーを決めた出世レース。連勝での重賞Vでクラシック候補へと名乗りを上げる。

 デビュー戦を豪快に差し切ったナヴィオン。スローペースの先行決着を、一頭だけ次元が違う末脚(32秒7)で追い込み、瞬発力の差を見せつけた。「前走は攻め馬の良さが出た。直線は間に合わないかも、と思ったけど、追ってからがしっかりしていたな」と橋口師も絶賛の走り。当然、重賞制覇へ期待は大きく膨らむ。栗東坂路の1週前追い切りは4F53秒7-12秒4(一杯)のタイムで併走馬に半馬身先着。力強さが増してきた印象で、状態は確実に上向いている。「直線の長い新潟コースは合っている。今のところ変わらずにきているし、前走の体調を維持して臨めれば」。鞍上の的場にとっても、重賞初Vがかかる大事な一戦。驚異の末脚でタイトル奪取だ。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す