スマートフォン版へ

フクノドリーム鞍上横山和、「動きも悪くないと思います」/キーンランドC

  • 2014年08月29日(金) 17時00分
 人馬そろってJRAの重賞初Vへ向けて、フクノドリームが鋭くしまいを伸ばした。

 横山和を背にした最終リハ。札幌芝の4角入り口で一気に加速すると、鞍上はステッキを抜くことなく、相棒の行く気を上手に引き出し、4F52秒4-37秒4-12秒5のタイムをマークした。「2歳のころから鼻を鳴らして走るので(判断が)難しいんですが、息もすぐ入ったし、大丈夫じゃないでしょうか。動きも悪くないと思います」と横山和は順調ぶりを伝えた。

 桜花賞では大逃げであわやのシーンをつくったが、父が騎乗した前走のアイビスサマーダッシュでは、番手に収まりながらも小差2着と、新たな面を披露した。「作戦は先生と相談になりますが、前走が見どころのあるレースぶりだったし、差す競馬もできるのかと思います」と息子は力を込める。デビューから手綱を取り、3連勝で交流重賞エーデルワイス賞を制したコンビ。Vならサマースプリントシリーズのポイントでトップに躍り出る。真価を問われる一戦になりそうだ。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す