スマートフォン版へ

仏2000ギニー、シャマーダル復活

  • 2005年05月16日(月) 12時09分
 現地時間15日、仏・ロンシャン競馬場で行われた仏2000ギニー(3歳、仏G1・芝1600m)は、L.デットーリ騎手騎乗のシャマーダル Shamardal(牡3、英・S.ビン・スルール厩舎)が、インデサッチェル Indesatchelとの競り合いをアタマ差制して優勝した。勝ちタイムは1分39秒2(重)。さらにクビ差の3着にはガリアー Gharirが入った。日本産馬サンデーサイレンス産駒サイレントネーム Silent Nameは9着に敗れている。

 勝ったシャマーダルは、父Giant's Causeway母Helsinki(その父Machiavellian)という血統。叔父に02年ドバイワールドC(首G1)を制したストリートクライ Street Cry(父Machiavellian)がいて、祖母は85年愛オークス(愛G1)を制したヘレンストリート Helen Street(父Troy)。昨年はデビューから3連勝で、デューハーストS(2歳、英G1・芝7f)を制し、04年カルティエ賞・最優秀2歳牡馬に輝く。今年は、ケンタッキーダービー(米G1)を見据えて初のダート戦に出走したUAEダービー(首G2・ダート1800m)で9着に大敗。欧州の芝路線に戻り、G1・2勝目を挙げた。通算成績は5戦4勝。

 L.デットーリ騎手、S.ビン・スルール調教師のコンビは、95年ヴェットーリ Vettori、00年バチアー Bachirに続き同レース3勝目。現3歳世代が初年度産駒となるGiant's Causewayは、英2000ギニー(英G1)を制したフットステップスインザサンド Footstepsinthesand(牡3、愛・A.オブライエン厩舎)に続きG1ウイナーを輩出した。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す