スマートフォン版へ

マーティンボロが接戦を制し重賞2勝目 サマー2000シリーズも優勝/新潟記念

  • 2014年09月07日(日) 17時44分
 7日、新潟競馬場で新潟記念(3歳上・GIII・芝2000m)が行われ、中団でレースを進めたN.ローウィラー騎手騎乗の1番人気マーティンボロ(牡5、栗東・友道康夫厩舎)が、直線で横に広がった馬群の真ん中を割って先頭に立ち、好位追走から渋太く脚を伸ばした5番人気クランモンタナ(牡5、栗東・音無秀孝厩舎)にクビ差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分58秒3(良)。

 さらにハナ差の3着に3番人気ラストインパクト(牡4、栗東・松田博資厩舎)が入った。なお、2番人気ステラウインド(牡5、美浦・尾関知人厩舎)は18着に終わった。

 勝ったマーティンボロは、父ディープインパクト母ハルーワソングその父Nureyevという血統。今年3月の中日新聞杯に続く重賞2勝目を挙げた。鞍上のN.ローウィラー騎手はこれが日本での重賞初勝利。また本馬は、前走の小倉記念2着のポイントと合わせ、サマー2000シリーズも制することとなった。

【勝ち馬プロフィール】
マーティンボロ(牡5)
騎手:N.ローウィラー
厩舎:栗東・友道康夫
父:ディープインパクト
母:ハルーワソング
母父:Nureyev
馬主:吉田和美
生産者:ノーザンファーム
通算成績:20戦7勝(重賞2勝)
主な勝ち鞍:2014年中日新聞杯(GIII)

【勝利ジョッキー・N.ローウィラー騎手のコメント】
 非常に嬉しいです。関係者・ファンの皆様にもサポートいただきありがとうございました。
 (レースは)良い馬だということはわかっていましたので、前走などを参考にして乗りました。直線に入るまでは落ち着いていい感じでしたが、直線で混み合ってしまいました。なんとか抜けて勝つことができて良かったです。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す