スマートフォン版へ

スノードラゴン、スプリンターズS後厩舎情報/美浦トレセンニュース

  • 2014年10月08日(水) 18時55分
 見事な末脚を繰り出して、スプリンターズS(G1・芝1200m)に優勝したスノードラゴン(牡6・美浦・高木登厩舎)。高木調教師に勝った瞬間の様子やレース後の馬の状態、そして今後について話を聞いた。

「レース後でテンションが少し高いですが、飼い葉も食べていますし、どこも問題はありません。それが1番ですね。新潟の馬場は内が硬いので、一か八か内を突こうという作戦を大野騎手とも立てていたのですが、思ったよりもスタートが良くて内に入れられず、外を回る形になりました。でも折り合いもついていましたし、馬場が良いところを通ってきましたからね。

 レースではどうしても自分の馬しか目に入らないものですが、馬の手応えもバッチリでしたから、直線では来い!と叫んだり、かなり取り乱して机を叩いて騒いでいました(笑)。トップでゴールした時にはガッツポーズをしていたと思います(笑)。周りにいらっしゃった調教師の方にも握手を求められました。この馬はいつも頑張ってくれていましたし、何とか1つ重賞を獲らせてあげたいと思っていましたので、勝てて本当に良かったです。これからまたオーナーサイドと詰めて相談していきますが、今のところこのまま在厩して調整をして、香港スプリント(12/14・GI・芝1200m)を目指す予定です」

「ちょっとテンションは高くなっていますけど、元々大人しい馬ですから」と話す高木調教師の横で、スノードラゴンが穏やかな表情でカメラに収まっていたのが印象的だった。(取材・写真:佐々木祥恵)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す