スマートフォン版へ

アメリカンオークス、シーザリオが圧勝で快挙

  • 2005年07月04日(月) 08時01分
 現時時間3日、米・ハリウッドパーク競馬場で行われたアメリカンオークス(3歳牝、米G1・芝10f)は、福永祐一騎手騎乗の2番人気シーザリオ(牝3、栗東・角居勝彦厩舎)が、道中3番手から3角先頭の競馬で、直線では他馬を突き放し、圧勝。日米オークス制覇を達成した。勝ちタイムは1分59秒03(良)。4馬身差の2着に1番人気メロールアインダ Melhor Ainda。さらに1馬身差の3着に10番人気シンハリーズ Singhaleseが入った。シーザリオと並び2番人気のスリーディグリーズ Three Degreesは5着に敗れた。

 勝ったシーザリオは、父スペシャルウィーク、母がラトガーズBCH(米G3)の勝ち馬キロフプリミエール(その父Sadler's Wells)という血統。従兄にゴーテンベルグ Gothenberg(父ポリッシュパトリオット、愛インタナショナルS-愛G2)がいる。デビューから3連勝でフラワーC(GIII)を制し、桜花賞(GI)ではラインクラフトからアタマ差の2着に惜敗したものの、前走のオークス(GI)では1番人気に応え快勝していた。通算成績6戦5勝。

 今回の勝利で、史上初の日米オークス制覇を達成。さらに、父内国産馬としては初、日本のクラシックホースとしては初の海外G1制覇。日本所属馬の米G1制覇も史上初。日本馬の海外G1制覇はエイシンプレストンによる03年クイーンエリザベス二世S(香G1)以来約2年2ヶ月ぶり。牝馬のG1制覇はシーキングザパールによる98年モーリスドゲスト賞(仏G1)以来7年ぶりと、快挙づくしの勝利となった。

 鞍上の福永祐一騎手は03年クイーンエリザベス二世S(香G1)以来、4勝目の海外G1制覇。香港以外では初の勝利。管理する角居勝彦調教師にとっては初の海外勝利となった。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す