スマートフォン版へ

アドマイヤビッグ、現役引退

  • 2005年07月10日(日) 19時48分
 10日、03年東京スポーツ杯2歳(GIII)を制したアドマイヤビッグ(牡4、栗東・橋田満厩舎)が、13日付で競走馬登録を抹消。現役を引退することがJRAから発表された。今後は岩手県の遠野馬の里で種牡馬入りする予定。

 アドマイヤビッグ父サンデーサイレンス母ジェドゥーザムール(その父Top Ville)という血統で、半兄には札幌記念(GII)など重賞3勝のダイワカーリアン(父Caerleon)、愛ダービー(愛G1)を勝ったウイングドラヴ Winged Love(父In the Wings)がいる。03年にデビューし、2連勝で東京スポーツ杯2歳(GIII)を勝利するも、右トウ骨遠位端を骨折。6ヶ月の休養を経て臨んだ青葉賞(GII)では5着、続く日本ダービー(GI)では14着に敗退。レース後に右第3指骨骨折が判明し、再び長期の休養を余儀なくされる。今年4月のマイラーズC(GII)で復帰するも10着に敗退。その後も苦戦が続き、皆生特別(3歳上1000万下)12着が最後のレースとなった。通算成績8戦2勝(重賞1勝)。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す