スマートフォン版へ

笠松のトウホクビジンが9日の白銀争覇で引退

  • 2015年01月09日(金) 18時40分
 国内の重賞最多出走記録などを持つ笠松のトウホクビジン(牝9、笠松・笹野博司厩舎)が、9日笠松競馬場で行われた第20回白銀争覇(4歳上・ダ1400m・1着賞金180万円)でラストランを迎え、6着で現役生活を終えた。

 同馬は2008年9月に岩手所属馬としてデビュー。その後笠松へ移籍し、ここまで日本各地の交流重賞やダートグレード競走に出走し続け、重賞最多出走(1973年以降)、地方競馬全場出走(現存する競馬場に限る)などの記録を打ち立てた。重賞は2013年のシアンモア記念(盛岡)など5勝。今回の白銀争覇が163戦目となる。

 引退後は北海道のビッグレッドファームで繁殖入りする予定。

【プロフィール】
トウホクビジン(牝9)
厩舎:笠松・笹野博司
父:スマートボーイ
母:ミリョク
母父:Riverman
馬主:ホースケア
生産者:グランド牧場
通算成績:162戦13勝(JRA6戦0勝・重賞5勝)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す