スマートフォン版へ

函館記念、エリモハリアー重賞初制覇

  • 2005年07月24日(日) 15時30分
 24日、函館競馬場で行われた函館記念(GIII・芝2000m)は、北村浩平騎手騎乗の6番人気エリモハリアー(セン5、栗東・田所秀孝厩舎)が、道中3番手追走から、直線で逃げた2番人気ブルートルネードを1.3/4馬身交わし快勝した。勝ちタイム2分00秒7(良)。さらにハナ差の3着には外から伸びた4番人気ウイングランツが入った。1番人気エアセレソンは後方から追い上げるも5着に敗れた。

 勝ったエリモハリアー父ジェネラス母エリモハスラー(その父ブレイヴェストローマン)という血統。従姉に97年エリザベス女王杯(GI)馬エリモシック、従兄に97年京阪杯(GIII)、98年日経新春杯(GII)を制したエリモダンディーがいる。昨年10月に1000万条件戦に勝利し準オープン入り。その後勝ち星からは遠ざかったが、格上挑戦した前走の巴賞では、7番人気ながら不良馬場をものともせず快勝。2連勝で重賞初制覇を達成した。通算成績33戦7勝。巴賞函館記念の連勝は、90年ラッキーゲラン以来15年ぶり。また、ジェネラス産駒は、今回の勝利がJRA重賞初勝利となった。

 鞍上の北村浩平騎手は、JRA重賞初勝利。平成15年デビュー組では、長谷川浩大騎手(セフティーエンペラ、04年福島記念-GIII)、松岡正海騎手(ウイングランツ、05年ダイヤモンドS-GIII)に続き3人目の重賞制覇を達成した。管理する田所秀孝調教師は、メイプルロードで制した02年小倉2歳S(GIII)以来の重賞制覇で、通算3勝目。北村騎手、田所調教師ともに同レース初勝利となった。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す