スマートフォン版へ

ステファノスは2着 勝ったのはブレイジングスピード/クイーン・エリザベス2世C

  • 2015年04月27日(月) 12時00分
 現地時間26日、香港・シャティン競馬場で行われたオーデマ・ピゲ・クイーン・エリザベス2世C(3歳上・GI・芝2000m・12頭・1着賞金1140万香港$)に、日本のステファノス(牡4、栗東・藤原英昭厩舎福永祐一騎手)が出走。

 ステファノスは道中5番手で追走。直線に入ってN.カラン騎手騎乗のブレイジングスピード(セ6、香港・A.クルーズ厩舎)が突き抜けたものの、ステファノスも先行馬の間を突いて脚を伸ばし、最終的に4頭が横一線となった2着争いを制した。

 勝ったブレイジングスピードのタイムは2分02秒89。なお、3着にはクライテリオン(牡4、豪・D.ヘイズ厩舎)が入った。また、昨年の覇者デザインズオンローム(セ5、香港・J.ムーア厩舎)は4着だった。

藤原英昭調教師のコメント】
 枠順が決まった時点でイメージしていたとおりの競馬はできたと思います。祐一とも作戦を練っていたけど、クライテリオン、ミリタリーアタックを前に見ながら、4コーナーをいかにスピード落とさずに回ってこれるかが勝負のカギだと言っていたところ、もう少しスムーズだったら、もうちょっときわどいレースができたかな。このメンバーだから開かないところをこじ開けるくらいの根性で行けって言ったけれども、やっぱり開かなかった。あそこだけが思い通りにいかなかった。それ以外はパーフェクトだった。それでも直線は馬場の重い内から抜けてきているから、能力を感じました。2着をとれたっていうのは最大評価できます。(取材:斎藤修)

福永祐一騎手のコメント】
 馬のコンディションはよかったし、ゲートの中も落ち着いていたし、スタートがそれほど速い馬じゃないから、ある程度出して行かなきゃけいないかなと思っていたんですけど、それでも枠が内のほうだったんで、コーナーワークである程度いいポジションがとれたのはよかったと思います。直線、外に出したかったんですけど、勝ち馬が外にいたし、前の馬も停滞していたので、なかなかスペースが見つけられなくて、ちょっと追い出しを待たされたぶん、届かなかったんですけど、それでも馬はがんばってくれました。日本より少し重い香港の芝がマッチしていたみたいで、いい走りをしてくれました。スペースが空いていればと、悔やまれるところはありますが、それも競馬なので。でもGIホースを相手に2着で、初めての海外遠征で、1頭だけでの遠征で、調整も難しかったと思いますけど、馬もよく耐えて、よく走ってくれたと思います。また年末の香港にチャレンジしたいと思う内容でした。(取材:斎藤修)

【日本馬プロフィール】
ステファノス(牡4)
騎手:福永祐一
厩舎:栗東・藤原英昭
父:ディープインパクト
母:ココシュニック
母父:クロフネ
馬主:キャロットファーム
生産者:ノーザンファーム
通算成績:12戦4勝(重賞1勝)
主な勝ち鞍:2014年サウジアラビアロイヤルC富士S(GIII)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す