スマートフォン版へ

アブクマポーロが種牡馬引退

  • 2005年09月12日(月) 16時46分
 98年の帝王賞東京大賞典、98、99年の川崎記念と交流GIで4勝を挙げ、浦河町のイーストスタッドで種牡馬として繋養されていたアブクマポーロ(牡13、父クリスタルグリッターズ、母バンシューウェー)が種牡馬生活を引退。9月1日に新冠町のほろしり乗馬クラブに移動しており、乗用馬となることが決まった。

 同馬は95年5月に大井競馬場でデビュー。3歳時は体質が弱く順調に使いこめないケースもあったが、翌96年に船橋競馬場に移籍して素質を開花させ、97年、98年には2年連続NAR年度代表馬に選出。他にもNARサラブレッド系4歳以上最優秀馬(97、98年)、NARダートグレード競走最優秀馬(98年)とダート最強馬の名を欲しいままにした。

 引退後、00年から種牡馬入り。05年現在、3世代が競走年齢に達し、JRAでは、05年2月5日の東京1R(3歳未勝利)でコスモシンドバッド(牡3、美浦・富田一幸厩舎)が産駒初勝利を挙げている。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す