スマートフォン版へ

ヒシアケボノの父、ウッドマンが死亡

  • 2007年07月22日(日) 09時00分
 現地時間19日、数々の名馬を世界中に送り出した種牡馬ウッドマン Woodmanが、米・ケンタッキー州のクールモア・アシュフォードスタッドにて、老衰による虚弱のため安楽死処分されたことがわかった。24歳だった。

 ウッドマンは父Mr.Prospector、母プレイメイト(その父Buckpasser)という血統の米国産馬。全弟に種牡馬ガダボートがいる。現役時代の通算成績は85年愛フューチュリティS(愛G3)など5戦3勝(重賞2勝)。

 種牡馬入り後、ヘクタープロテクター(仏2000ギニーなど仏G1・5勝)、ハンセル(プリークネスS-米G1、ベルモントS-米G1)、ティンバーカントリー(プリークネスSなど米G1・3勝)などを輩出。日本でも95年のJRA賞最優秀短距離馬に輝いたヒシアケボノ(スプリンターズS-GI)やスピードワールド(京成杯-GIII)などの産駒が活躍を見せている。

 後継種牡馬は、GI・7勝したアドマイヤドンの父となった前述のティンバーカントリーほか、ヘクタープロテクターハンセルがG1馬を輩出し、サイアーラインを伸ばしている。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す