スマートフォン版へ

みんなの投稿ニュース

アジュディケーティングが種牡馬引退

  • 2014年12月21日(日) 22時16分
  • 1
  • 9
南関東4競馬場で数多くの活躍馬を送り、“南関東のサンデーサイレンス”と称された名種牡馬アジュディケーティング(牡27歳、父ダンチヒ)が、今シーズン限りで種牡馬を引退することがわかった。今後は新冠町のベルモントファームで余生を送る。

____________________________


アジュディケーティングはアメリカのシャンペンSの勝ち馬。
種牡馬として日本に輸入され、初年度産駒からアジュディケーターが京成杯3歳Sを制するなどの活躍を見せました。
ただそれよりも目立つのは地方競馬での実績です。
2001年から2008年にかけて8年連続NARリーディングサイアー獲得。
アジュディミツオーはじめ全国各地で多数の活躍馬を輩出。

中央重賞は現時点で通算5勝。
今年のワイドバッハの武蔵野S制覇は11年ぶりの産駒中央重賞勝ちでした。

http://pr.db.netkeiba.com/horse/000a000d5d/
ネタ元のURL
http://www.keibabook.co.jp/homepage/topics/topicsinfo_new.aspx?subsystem=0&kind=0&category=09&filename=KON26855

みんなのコメント1件

みんなの投稿ニュースは、netkeibaユーザーの皆様が作成したニュースです。

あなたも、投稿してみませんか?

ニュースを投稿する

新着投稿ニュース

投稿ニュース アクセスランキング

投稿ニュース 注目数ランキング

ユーザーレポーターTOP5