スマートフォン版へ

府中2400の鬼(ジャングルポケット)

  • 2014年04月28日(月) 12時00分
名馬



◆左回りに極端に偏った競走成績

 馬に右利き、左利きはあるのか。その昔、JRA競走馬研究所に問い合わせたことがあった。トニービン産駒のGI勝ちが、左回りの東京(府中)コースに偏っていたからである。しかし、答えは否だった。

「馬の場合、右回りと左回りの得手不得手は、脚質や馬場の適性、コースの向き不向きからきています。霊長類はそもそもが左利きで、人間の先祖もはるか昔は左利きでした。ところが、進化の過程で人間だけが右利きへと特化した。つまり動物で右利き、左利きがあるは人間だけなんです」

 日本の競馬場は基本的に楕円形コースとなっている。トニービン産駒は全体にコーナーワークが不器用で、加速が鈍くなるため小回りコースが苦手だった。同じ左回りでも、中京、新潟コースのトニービン産駒の実績は、それほど飛び抜けているわけではない。

 一方、東京コースは広々としており、直線も長く、不器用な馬にとっては競馬がしやすい。脚質的にトニービン産駒は、東京コースが最も実力を発揮しやすかったということなのだろう。トニービンの9世代目として生まれたジャングルポケットが、その象徴的な名馬だった。

 2000年9月、札幌競馬場のデビュー戦、続く重賞の札幌3歳S(現2歳S)を連勝。3戦目に出走したのが、クラシックの登竜門として知られるラジオたんぱ杯3歳S(現ラジオNIKKEI杯2歳S)である。

 ここで2着に敗れるが、勝ったアグネスタキオンは翌年の皐月賞馬。3着のクロフネも芝、ダートで大活躍をし、ジャングルポケットもまた3歳最高峰の日本ダービーを勝っている。史上最もハイレベルなラジオNIKKEI杯2歳Sとして、今も語り草となっているレースで、少なくともここまでは右回りが苦手という印象はなかった。

 しかし年が明けて3歳となり、4戦目、東京コースの共同通信杯でそれまでとはまるで違うレースぶりを見せる。完勝だったのである。そして迎えたクラシック第1弾の皐月賞。ジャングルポケットはアグネスタキオンに次ぐ2番人気に支持された。

 ところが、ゲートが開いた途端、つまずいて大きく出遅れてしまう。中山コースは小回りで直線も短い。不器用なトニービン産駒にとって、致命的な出遅れだった。それでも最後、猛烈な脚で追い込んだが、いかんせん中山コースは最後の直線が短い。届かず3着に終わった。

 その後、皐月賞を勝ったアグネスタキオンが屈腱炎で戦線を離脱。続く東京コースの日本ダービーは、ジャングルポケットが押し出されるかたちで1番人気となった。東京コース巧者ぶりは共同通信杯で実証していたが、確かにジャングルポケットのレースぶりはまたも一変。水を得た魚とはこのことで直線に向くと力強く伸び、2着馬を1馬身半突き放して戴冠のゴールを駆け抜けた。

 しかし、これを境に舞台が他コースに変わると、ジャングルポケットのレースぶりは冴えなくなる。秋を迎えて札幌記念、次いでクラシック第3弾で京都コースの菊花賞に出走したが、ともに1番人気でそれぞれ3着、4着と期待を裏切ってしまった。

 次いで東京コースに戻って出走したのが、古馬(4歳以上の馬)と世界の強豪が集まるジャパンCである。過去に日本産の3歳馬がジャパンCを勝ったことがなく、その点が不安視されていた。だが、ジャングルポケットは春のダービーと同じく別馬のように変身。前2走のだらしないレースぶりが嘘のような快走を見せ、前年の覇者で、歴史的な名ステイヤーのテイエムオペラオーを差し切って勝利した。

 ところが、その後、引退までの4戦は東京コース以外で走って未勝利。結局、勝ったGIは東京コース(左回り)の日本ダービー、ジャパンCのみという偏った競走成績に終わった。後年、ジャングルポケットは種牡馬となっても大成功し、数々の一流馬を送り出したが、産駒たちも“左利き”が多かった。これぞ血統。やっぱり血は争えない。(吉沢譲治)

◆レース詳細
2001年11月25日
第21回 ジャパンC(GI) 東京/芝左 2400m/天候:晴/芝:良

1着 ジャングルポケット 牡3 55 ペリエ
2着 テイエムオペラオー 牡5 57 和田竜二
3着 ナリタトップロード 牡5 57 渡辺薫彦

◆競走馬のプロフィール
ジャングルポケット(牡3)
父:トニービン
母:ダンスチャーマー
騎 手:ペリエ
調教師:渡辺栄(栗東)
馬 主:齊藤四方司
生産牧場:ノーザンファーム

■2001年 ジャパンC

2001年 ジャパンC 映像

●70万DL突破!伝説の名馬に挑め!
ダウンロードページ


70万DL突破!伝説の名馬に挑め!

70万DL突破!伝説の名馬に挑め!

 爽快!競馬パズルゲーム「パズルダービー」、70万DL突破!伝説の名馬に挑め!

「パズルダービー」はマッチ3形式(同じ色を3つ揃えるブロック消し)のパズルと競馬が融合し、伝説の名馬のシナリオに挑戦する競馬パズルゲームです。レースでは、ディープインパクトやオルフェーヴルなど名馬のシナリオを完全再現。競馬ファンなら感動再び、競馬を知らない方はパズルを楽しみながら、競馬の魅力を知っていただけます。

 登場する名馬は700頭以上。また、週末に開催される中央競馬とのリアル連動イベントや各種キャンペーンも満載です。この機会に是非お楽しみください!

「嗚呼、愛しき名馬たち〜netkeiba.com 名馬列伝〜」では、記録と記憶に残る伝説の名馬の足跡をプレイバック。名馬たちが繰り広げた伝説の数々が蘇ります!

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング