スマートフォン版へ

『激走レンジ』で打倒キズナの穴馬をハンティング!

  • 2014年05月01日(木) 18時00分


 こんにちは、むねひろ よしたかです。

 オーストラリアでハナズゴールがやってくれました!

 香港のチャンピオンズマイルへの出走を希望していましたが、あと1つの枠がマイネルラクリマに回ったため叶わず。それでオーストラリアでのこのオールエージドSに矛先を向けましたが、それが功を奏しました。

 レース振りは素晴らしく強いもの。距離(千四〜マイル)・馬場(良)がしっかり揃えば、この馬の末脚は本当に強烈なものです。状態も素晴らしかったらしく、馬体も日本では考えられなかった450キロほどまでに増えているということです。

 日本に戻ってきてもこの馬体を維持することができれば、これまで以上に強いハナズゴールを見ることができるでしょう。馬体重には注目してみてください。

 前走のドンカスターマイルで<6>着に終わったあと、1億円でハナズゴールを売ってくれというオファーもありました。しかし、そんなもので夢を売るマイケル・タバートではありません!

◆青葉賞〜持前のしぶとさで一発!

ターゲット馬→アドミラルシップ

アドミラルシップ

まだ2戦のキャリアしかありませんが、自身が使っている上がりタイムは34.0・33.7秒。なかなか優秀な決め手を持っています。内容的には完敗でしたが、トゥザワールドから0.2秒差で2.00.2で走破した前走も、ここでは評価出来るものです。更に距離が延びて良さが出そうですし、ここでも。

ターゲット馬→シャンパーニュ

シャンパーニュ

溜める競馬を試みられていた5〜3走前の内容も悪くないのですが、積極策に出た前走で新味を発揮。サトノアラジンを0.2秒差退けました。ここでもハナか2番手が叶う組み合わせ。この距離で勝っている強みがありますし、早め早めの競馬での渋太さが怖い存在です。

◆天皇賞(春)〜地力強化で圏内に食い込む!

ターゲット馬→

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

日本屈指の理論派で、高配当馬券に注目する“競馬穴リスト”。馬場レベルを基本とする『激走レンジ』を駆使するのは既に有名だが、『馬券の買い方』についてもこれまで世になかったメカニズムを発表し、第一人者となる。グリーンチャンネル『KEIBAコンシェルジュ』でも活躍中。主な著書に『同じ予想でプラスになる人、ならない人』など。
公式ホームページ名は『ムネヒロネット』。

ウマい馬券にて『激走レンジ』の予想提供中!

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング