スマートフォン版へ

【祐一History vol.17】『エイシンチャンプか、ネオユニヴァースか』

  • 2014年10月21日(火) 18時00分
祐言実行

▲有力馬が重なった2003年の牡馬クラシック戦線を振り返って


あのときの選択は間違っていなかったと


 2002年の暮れには、ピースオブワールド(阪神ジュベナイルF)とエイシンチャンプ(朝日杯フューチュリティS)で、2週連続GIを勝つことができた。

 エイシンチャンプは8番人気で、「よく勝ったなぁ」というのが正直な気持ちだったが、かたやピースオブワールドは、自分にとって初めての経験となった単勝1倍台のGI1番人気(単勝1.5倍)で、ものすごく緊張したのを覚えている。その緊張感たるや、キングヘイローのダービー以来といってもいいほどで、当時は昼くらいからドキドキが止まらなかった。

 結果、馬の力で勝つことができたが、自分としては全然満足のいく騎乗ではなかった。前からでも後ろからでも競馬ができる本当に強い馬で、牝馬クラシックはこの馬で堅いと思っていた矢先、2月の調教中に骨折。オークスには何とか間に合ったけれど、それ以降、かつての強さが戻ることはなく、4歳春の中山牝馬S12着を最後に引退することになった。

祐言実行

▲単勝1.5倍の断然人気に応えたピースオブワールド


 阪神ジュベナイルFは勝てたけれど、馬の力からすれば勝って当然のレース。だから、キングヘイローをはじめ、坂口先生から受けた数々の恩を、あの一戦で返せたとは今でも思っていない。

 2003年の牡馬クラシック戦線では、自分がエイシンチャンプに乗るのか、ネオユニヴァースに乗るのかという選択が、一時話題になった。エイシンチャンプで勝った朝日杯の1カ月くらい前に、新馬を勝ったのがネオユニヴァース。2頭とも瀬戸口厩舎の管理馬で、年明けはエイシンチャンプが弥生賞を勝ち、ネオユニヴァースはきさらぎ賞を勝った。どちらも自分の手綱だったから、マスコミやファンの興味を引いたのもうなずける。

 ただ、この選択、

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

質問募集
祐言実行 / 福永祐一
このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。あなたから
コラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。
質問フォームへ
祐言実行とは
2013年にJRA賞最多勝利騎手に輝き、日本競馬界を牽引する福永祐一。まだまだ戦の途中ではあるが、有言実行を体現してきた彼には語り継ぐべきことがある。ジョッキー目線のレース回顧『ユーイチの眼』や『今月の喜怒哀楽』『ユーザー質問』など、盛りだくさんの内容をお届け。

1976年12月9日、滋賀県生まれ。1996年に北橋修二厩舎からデビュー。初日に2連勝を飾り、JRA賞最多勝利新人騎手に輝く。1999年、プリモディーネの桜花賞でGI初勝利。2005年、シーザリオで日米オークス優勝。2013年、JRA賞最多勝利騎手、最多賞金獲得騎手、初代MVJを獲得。2014年のドバイDFをジャスタウェイで優勝。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング