スマートフォン版へ

グランダム・ジャパンの不公平感

  • 2016年05月27日(金) 18時00分


◆南関東所属馬に有利な感じが否めない

 前回は高知生え抜きのディアマルコの活躍について取り上げた。グランダム・ジャパン3歳シーズンも残すところ最終戦の関東オークス(6月15日)だけとなって、優勝の可能性を残しているのは、39ポイントで1位のクラトイトイトイ、33ポイントで2位のディアマルコの2頭に絞られた。

 ディアマルコが優勝するには、関東オークスにクラトイトイトイが出走しない場合は4着以内、クラトイトイトイが出走した場合、ディアマルコは3着以内でクラトイトイトイに先着する必要がある。なかなかに高いハードルだ。とはいえディアマルコは関東オークスに出走しない場合でも、目下13ポイントで3位のモダンウーマン、リンダリンダのどちらかが関東オークスで優勝しないかぎり2位は確保される。高知の主催者からのリリースでは、ディアマルコは関東オークスの4日後に行われる地元の高知優駿への出走に前向きなようだ。

 そうなればなったで、高知優駿は興味深い対戦となる。5月22日の黒潮皐月賞を制したブラックビューティは、2歳重賞・金の鞍賞も制していた。その金の鞍賞で1番人気に支持されながら3着に敗れていたディアマルコにとっては、地元に戻っての高知優駿で雪辱なるかという対決の構図になるからだ。

 さて本題はここから。実は前回、グランダム・ジャパン(GDJ)のポイントなどのシステムについて指摘しようと思っていたら、ディアマルコの見事な逆転があったので、ネタがそっちに行ってしまった

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1964年生まれ。グリーンチャンネル『地・中・海ケイバモード』解説。NAR公式サイト『ウェブハロン』、『優駿』、『週刊競馬ブック』等で記事を執筆。ドバイ、ブリーダーズC、シンガポール、香港などの国際レースにも毎年足を運ぶ。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング