スマートフォン版へ

牝馬のダービー挑戦

  • 2016年06月24日(金) 18時00分


◆地方競馬では牝馬が勝つこともそれほどめずらしいことではない

 先週行われた関東オークス。単勝オッズでは中央4頭が2〜4倍台で、地方馬はもっとも人気になったポッドガゼールで47.1倍という偏った人気になった。中央馬はいずれもダート2勝以上という実績。対して地元南関東勢は東京プリンセス賞の上位馬が揃って1週前の東京ダービーに出走ということで、さすがに地方馬が3着以内に入るのは無理だろうと思い、筆者の予想でも中央4頭にしか印をつけなかった。

 しかし結果は、地方馬の中でも3番人気、単勝85.0倍のミスミランダーが2着に入る健闘を見せた。『交流重賞回顧』でも触れたとおり、レース中盤で14秒台のラップが4つ続くというスローペース。それゆえ好位で流れ込むことができたと考えることもできるが、勝ちタイムの2分19秒1は中央との交流になった2000年以降でもっとも遅いもの。今年の中央のダート3歳戦線は、ヒヤシンスSとユニコーンSでワンツーだったゴールドドリーム、ストロングバローズほか何頭かを除いて、全体では世代レベルが意外に低いのかもしれない。

 それで思ったのは、地方のこの世代の上位馬、モダンウーマンやリンダリンダが東京ダービーではなく関東オークスに出走していれば、もしかして勝負になったのではないかということ

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1964年生まれ。グリーンチャンネル『地・中・海ケイバモード』解説。NAR公式サイト『ウェブハロン』、『優駿』、『週刊競馬ブック』等で記事を執筆。ドバイ、ブリーダーズC、シンガポール、香港などの国際レースにも毎年足を運ぶ。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング