スマートフォン版へ

売上アップの次の一手

  • 2016年12月30日(金) 18時00分


◆将来を見据えて適正に使っていきたい

 東京大賞典当日の大井競馬場には午後2時前に着いたのだが、「人が多いなあ」と感じた。最終的に大井競馬場の入場人員は34,601人で前年比101.5%。昨年とほとんど変わらなかったのだが、かつて3号スタンドだった場所が『ウマイルスクエア』というスペースに変わり、人の流れが変わったことで人が多いと感じただけだったのかもしれない。

 驚いたのが東京大賞典の売上げだ。37億3269万5200円は、昨年の東京大賞典で記録した地方競馬における1レースあたりの売得金額レコード27億4963万900円から、なんと10億円近くの大幅アップでのレコード更新となった。また1日あたりの売得金額61億9493万3590円(SPAT4LOTO売上げ含む)も、今年のJBC開催(川崎)で記録した地方競馬における1日あたりのレコード48億7402万2850円から13億円余りの大幅アップとなった。

 今年は全国の地方競馬で、“売上げアップ”“売上げレコード更新”というリリースを何度も目にした。

 実際に今年1月〜11月の地方競馬開催成績を見ると

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1964年生まれ。グリーンチャンネル『地・中・海ケイバモード』解説。NAR公式サイト『ウェブハロン』、『優駿』、『週刊競馬ブック』等で記事を執筆。ドバイ、ブリーダーズC、シンガポール、香港などの国際レースにも毎年足を運ぶ。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング