祐言実行/福永祐一

【ユーザー質問】祐言実行Q&A『輪乗りで鐙から足を外して周回、その目的は?』

2017年03月28日(火)18時01分

注目数:81人
祐言実行

▲今週は読者から届いたマニアックな質問に回答!


※次週のコラムでドバイ回顧、今週末の大阪杯の回顧を予定しております。

馬との最後の確認作業をする大事な時間


Q. レース前の輪乗りで、鐙から足を外して周回している福永騎手の姿をよく見ます。岡部幸雄さんは、馬をリラックスさせるためにそうしていると何かで読みましたが、武豊騎手は逆に、馬に気を抜かせないため、また、見映えも悪いので鐙は履いていると聞いたことがあります。福永騎手は、どういった目的でそうされているのでしょうか?

祐言実行

▲輪乗りで鐙から足を外して周回するのはなぜ?(写真はパドック周回時)


 多い日には土日で20頭近くの馬に騎乗するのに対し、調教で1日に乗れるのは3、4頭。どうしても馬場のきれいな時間帯に追い切りが集中するから、それ以上は乗れないのが現状だ。その結果、パドックがファーストコンタクトとなる馬がけっこういて、そこからゲートインまでの短い時間で、個性や癖、その日の体調や気分まで、いろいろなことを探っていかなければならない。

 スタート後、流れに応じて臨機応変な対応をするのはもちろんだが、自分は馬に乗るまでの時間も含め、スタートするまでにどれだけの準備ができるかが重要だと考えている。自分にとってその時間は、馬に合わせて様々な確認作業や修正を行う大切な“準備運動”の時間。返し馬のあとに鐙を外すのもそのひとつで、考え方としては岡部さんに近い。鐙を外すことで落ち着く馬は確かにいるし、鐙を脱ぐとより脚(きゃく)が使えるぶん、強い扶助を与えることができるというのも大きな理由だ。

 なぜ強い扶助が必要なのかといえば、...
続きを読む

続きをお読みいただくには、ベーシックコース(月額250円(税別))への登録が必要です。既にご登録済みの方はこちらからログインしてください。ご登録いただきますと、スマホ版でもご覧いただけます。

質問募集

● 福永祐一 / 祐言実行

このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。
あなたからコラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。

質問フォームへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
祐言実行とは

2013年、念願のJRA賞最多勝利騎手に輝き、いまや押しも押されもせぬトップジョッキーのひとりとして、日本競馬界を牽引する福永祐一。“福永洋一の息子”として、長年プレッシャーと戦いながら、ときに挫折を味わいつつも、決して自分自身と向き合うことを恐れなかった。まだまだ戦の途中ではあるが、有言実行を体現してきた彼には語り継ぐべきことがある。ジョッキー目線で語るレース回顧『ユーイチの眼』や最新の『喜怒哀楽』、さらには福永祐一のルーツに迫る『祐一History』など、盛りだくさんの内容でお届けするコラム。彼のバイタリティーのすべてがここに。

コラムニストプロフィール

福永祐一
福永祐一
1976年12月9日、滋賀県生まれ。1996年に北橋修二厩舎からデビュー。初日に2連勝を飾り、JRA賞最多勝利新人騎手に輝く。1999年、プリモディーネの桜花賞でGI初勝利。2005年、シーザリオで日米オークス優勝。2013年、JRA賞最多勝利騎手、最多賞金獲得騎手、初代MVJを獲得。2014年のドバイDFをジャスタウェイで優勝。