スマートフォン版へ

【5月のレース回顧】橋口厩舎縁のダノンメジャーで勝利「ホッとしました」

  • 2017年05月30日(火) 18時01分
小牧太

今回の『太論』はダノンメジャーでの勝利と、キングレイスターについてその思い入れを語ってくれました!


今回は5月3週目までのレース回顧です。2週目にはダノンメジャーで都大路Sを勝利し、3週目にはキングレイスターを皮切りに、土日で3勝をマークした小牧騎手。今回は、「嬉しかった」と振り返るダノンメジャーでの勝利と、10戦目にして念願の初勝利を挙げたキングレイスターについて、その思い入れを語ってくれました。
(取材・文/不破由妃子)


重賞でも面白いんちゃうかと思ってるよ

──今回は5月のレース回顧です。まずは、5月13日、都大路Sのダノンメジャー。快勝でしたね。

小牧 ああ、あれは上手いこと乗れたね。ほかに逃げ馬もいなかったし、スタートも普通に出てくれて。それに、みんながけっこうけん制し合ってくれたんでね、楽でしたわ。

──不良馬場でしたが、終始楽な手応えで。

小牧 うん、ああいう馬場も巧いんやろうね。やっぱりそのあたりはダイワメジャーやな。一度使ってダメやったみたいだけど(16年4月24日・オアシスS・12着)、ダートでも走りそうやし。

──2枠2番という枠順も絶好でしたし、実績のある道悪。都大路Sは、相当自信があったのでは?

小牧 そうやね、自信はそれなりにあったけど…。ただ、負けるときはアッサリ負けてきた馬やからね。この馬に関しては、本当に展開ひとつやから、いつも自信満々というわけにはいかない。走ってみなければわからないというのが正直なところかな。

──確かに、好走するためには条件が付きますよね。あと、意外にも小牧さんにとって、これが今年のオープン初勝利。

小牧 そうそう、それはわかってた。メインを勝ってなかったからね。ただ、今回は僕自身がどうこうより、ダノンメジャーを勝たせることができてホッとしました。5月はここまで(3週目終了時点)でいうと、これがベストレースやな。久しぶりに橋口厩舎で勝ててホッとしたし、なんか嬉しかったです。

小牧太

「5月はここまででいうと、これがベストレースやな。久しぶりに橋口厩舎で勝ててホッとしたし、なんか嬉しかったです」(C)netkeiba


──やはり、ダノンメジャーには思い入れがうかがえます。

小牧 うん、なんせお父さん(橋口弘次郎厩舎)の頃からの馬やから。なかなか難しいことやけど、これからもスンナリ逃げることができればね、重賞でも面白いんちゃうかと思ってるよ。

──続いては5月20日のキングレイスター(京都3R・3歳未勝利)。それまでの9戦中7戦で手綱を取ってきた馬で、小牧さんの落ち着いた騎乗が光りました。

小牧 うん、今回はたまたまゲートを出てくれたんやけど、自分から動かない馬でもあるから、あんまり慌てんとこうと思って。前回から距離を延ばしたのが正解やったね。その前回は5着やったけど、後方からいい脚を使ってくれたから。

──道中でハミを取らないから、距離は長いほうがいいんじゃないかとおっしゃっていましたよね。

小牧 そうそう。ちょっとズブさというか、ズルいところが出始めてるんでね。で、前走を使う前に、いっぺん長いところを使ってみましょうということになって、その変更が2戦目で成功したね。

──今回は、小牧さんの我慢勝ちだったように思います。ほかの馬が一斉に動いてきたときも、まったく動じることなく。

小牧 欲を出さんと、慌てずに乗ったのがよかったね。どんなレースでもそうやって乗れればいいんやけど…。人間やから、毎度そうはいかないのが競馬の難しいところやね。

──キングレイスターは、確か2歳の頃に「乗り味がすごくいい」とおっしゃっていた馬ですよね。少々時間はかかりましたが、ここで勝利を挙げたことで、この馬の未来は変わりました。

小牧 そうやね。これからの未勝利戦は本当に大事。この馬に関しては、2歳の頃はもうちょっと条件を問わずに走ってくれたんやけど…。ここにきて気の弱さというか、気の悪さが出てきて。ゲートがちょっとね、悪くなってしまって。ただ、乗り味は本当にいいから、そのあたりが解消してくればまだまだ楽しみはあるよ。

──大橋厩舎とのコンビでは、今年これで3勝。本当に相性がいいですね。

小牧 ホンマやねぇ。ありがたい限りですわ。

──厩舎もさることながら、馬主の伊藤正男さんともご縁がありますよね。

小牧 ああ、そうです、そうです。伊藤さんには園田の時代からお世話になっているからね。だいぶご年配の馬主さんやけど、毎回競馬場に来てくださって。

──今回ちょっと調べてみたんですけど、中央では所有馬を95回出走させていらして、そのうち49回が小牧さん。15年以降でいうと、出走49回中、33回が小牧さんの手綱ですからね。完全に“主戦”です。

小牧 そう、僕が主戦です(笑)。キングレイスターと同じ日に使ったキングサムソン(京都7R・3番人気10着)もそうやしね。この時代に、ホンマにありがたい話やね。その思いに少しでも応えられるよう、これからも頑張らなと思ってます。
小牧太

その思いに少しでも応えられるよう、これからも頑張らなと思ってます

質問募集
太論 / 小牧太
このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。あなたから
コラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。
質問フォームへ

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1967年9月7日、鹿児島県生まれ。1985年に公営・園田競馬でデビュー。名伯楽・曾和直榮調教師の元で腕を磨き、10度の兵庫リーディングと2度の全国リーディングを獲得。2004年にJRAに移籍。2008年には桜花賞をレジネッタで制し悲願のGI制覇を遂げた。その後もローズキングダムとのコンビで朝日杯FSを制するなど、今や大舞台には欠かせないジョッキーとして活躍中。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング