血統ビーム的・傾向と対策/亀谷敬正

お気に入り

お気に入り

登録済

ダート血統には2つのタイプがある

2017年06月09日(金)19時00分

注目数:72人


◆高速馬場に強いファピアノ系

 単行本「競馬研究所2」にも書きましたが、多くの人が目にするメディアでは、人気馬の弱点を書くことは、リスクが大きい割に見返りは少ないです。人気馬とは、多くの人が買いたい馬であり、そこを叩くことは反感も買いますし、万が一走った場合(って表現もおかしいですが)、さらに叱られますので。

 競馬は人生の縮図だと思うのですが、人間を扱うメディアも、大きいメディアほど、弱そうな人を叩くのを簡単にやってますが、強そうな人を叩くのは難しそうなのと一緒ですかね。だからこそ、タブーとされている人気馬を消す傾向は馬券で効果的ともいえますが。

 前置きが長くなりました。ベルモントSに勇敢に挑戦するエピカリスは、血統的には、向かない条件だと思うのです。

 いわゆる「ダートで結果を出す血統」には、大きく分けて2つのタイプがあります。ひとつはテンからスピードに乗り、それを持続し続ける能力に長けた「スピード持続型」。そして、もうひとつはバテてから、我慢する馬力、底力に長けた「馬力型」。

 ミスタープロスペクター系、ボールドルーラー系といった本場アメリカで主流の血統は「スピード持続型」血統です。一方、バテてから我慢する馬力、底力に長けた「馬力型」は欧州血統の馬に多いです。

 エピカリスは父ゴールドアリュール、母父カーネギーともに欧州指向の「馬力」血統。どちらかといえば、ネオユニヴァース、バブルガムフェローに近いタイプ。

 ドバイのダートは、本場アメリカに比べれば、欧州の芝に近い血統が走りやすいダート。(もっと近いのは南米の芝の感じもしますが)実際、エピカリスをドバイで負かしたサンダースノーは欧州の芝で実績を残す馬で、アイリッシュ2000ギニーでも2着。

 …ということで、ドバイWCでアロゲートを消してみたら、力の違いを見せつけられて完敗したんですが(笑)別の見方をすれば、アロゲートの血は芝でも高い運動能力を伝達できそうなので、日本の芝でも貴重な血になる可能性は高そうです。

 エピカリスも「血統的に合わない条件」を力でねじ伏せることができれば、種馬としてもさらに楽しみになります。

 アロゲートが日本でも貴重な血になりそうなのは、絶対的な身体能力に加え、父がファピアノ系だから。先週の安田記念は勝ち馬のサトノアラジンは母系にファピアノ。ダービーで2着のスワーヴリチャードも母父ファピアノ系。ファピアノは高速馬場に強い南米でも主流系統。今の東京芝の馬場は「速いミスプロ系」に相性の良い馬場状態です。

 今の東京芝は、ファピアノのような速いミスプロ。もしくはプリンスリーギフトの血が活きる馬場。エプソムCもアストラエンブレム、タイセイサミットはサンデーに速いミスプロの配合馬。だから2週前の馬場でも走ったわけで、そのおかげで人気にもなってしまうでしょうが。

 今年のマーメイドSは同牝系の馬が複数出走。ロゼカラーの一族はバンゴール、ローズウィスパー。アドマイスの一族にキンショーユキヒメ、マキシマムドパリ。重賞実績も、同コース重賞実績もロゼカラーの一族の方が優秀ですが、はたして。

【厳選・勝負予想!】亀谷敬正の重賞予想は『ウマい馬券』でチェック!
※パソコン・スマートフォンでご覧ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コラムニストプロフィール

亀谷敬正
亀谷敬正
血統馬券予想理論「血統ビーム」の提唱者。プロフィール詳細や前日予想は「亀谷敬正ホームページ」で(無料コンテンツ多数)。最新著書に「重賞ビーム2017」。

亀谷敬正『血統ビーム的・傾向と対策』バックナンバー