血統ビーム的・傾向と対策/亀谷敬正

お気に入り

お気に入り

登録済

極端な傾向が出ていた先週の中京ダート

2017年07月07日(金)19時00分

注目数:65人


◆中京ダートは極端な内有利の馬場

 開幕週の函館芝はレコードラッシュで故障馬ラッシュ。調教師、騎手からの要望もあって、翌週以降は積極的な散水を敢行。突如タフな馬場が出現しました。

 ひょっとして、調教師も騎手も「実際にレースをしないと馬場状態がわからない」のかもしれません? 

 函館は調教も競馬場で行うのですから、明らかに馬場が軽いと調教で気づくこともできたはず。その段階で、JRAに指摘すればいいのですから。

 ところで、最近は、芝のレースは馬場に関する記述もよく見られるようになりましたが、ダートも、芝同様に「内伸び、外伸び」が極端に出るケースがあります。

 先週の中京ダートは、まさに「極端な内有利の馬場」。主な原因は、軽い馬場でスピード勝負になったために、内を通る馬が有利だったこと。

 そして、もうひとつは「内の砂が浅かった」のではないでしょうか? 

 おそらく、先週の中京ダートは雨で内の砂が流れて浅くなったのではないか? と…(これも騎手は返し馬などの段階で気づいている人がどれぐらいいるのか、気になるところ)

 先週の中京ダートは、勝ち馬9頭のうち6頭が、9番ゲート以内。10番より外で勝利した3頭の内の2頭は3コーナーで4番手以内につけた先行馬。

 当日3人気以内に支持された馬も、6番以内は8頭中6頭が3着以内に複勝率75%で単勝、複勝ともにプラス収支。

 10番より外の3人気以内は16頭中14頭が馬券圏外に。危険な人気馬が続々と出走してくれました。残念だったのは、中京は日曜にダートが4鞍しかなかったことですが、個人的にちょっとだけ馬券につなげることもできました。

 ただし、今週の中京ダートが、必ずしも先週同様「内有利」になるとは限りません。先週を踏まえて、馬場を調整し直すからです。突然時計のかかる馬場になる可能性もあります。

 さて、今週の中京ダートは重賞のプロキオンSが行われます。相性が良い血統はエーピーインディの系統と、父サンデー系。該当系統の馬が過去5年のうち4年で勝利しています。

 今年の出走予定馬では父エーピーインディ系はキングズガードとナンチンノン。父サンデー系はイーデンホールとブライトライン。

 なかでも注目はキングズガードとイーデンホール。キングズガードは昨年の当レース3着馬。

 イーデンホールは父がサンデー系のなかでも特にダート適性が高いゴールドアリュール。

 同馬は父と母父がサンデー系とミスタープロスペクター系の配合。この組み合わせの血統は5年前に1、2着。過去5年で2頭の勝ち馬を出しているように、当レースに相性の良い組み合わせ。

 気になるのは、キングズガードとイーデンホールがともに外枠ということ。当レースは例年内が有利になりますし、先週の馬場も内が有利。週中の馬場整備で外有利に変わっていれば、狙いやすいのですが。

 なお、芝は散水が多い馬場の場合、土日で傾向が変わりやすいですが、ダートの場合は天候が同じであれば、基本的に土日の傾向はあまり変わらないことが多いです。

【厳選・勝負予想!】亀谷敬正の重賞予想は『ウマい馬券』でチェック!
※パソコン・スマートフォンでご覧ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コラムニストプロフィール

亀谷敬正
亀谷敬正
血統馬券予想理論「血統ビーム」の提唱者。プロフィール詳細や前日予想は「亀谷敬正ホームページ」で(無料コンテンツ多数)。最新著書に「重賞ビーム2017」。

亀谷敬正『血統ビーム的・傾向と対策』バックナンバー