スマートフォン版へ

1番人気の信頼度が高いレパードS

  • 2017年08月04日(金) 18時00分


◆海外帰りのエピカリスは素直に買うべきか?

 レパードSはかなり堅いレース。1番人気馬がこれまですべて馬券に絡んでいるうえ、1000万条件から来る馬は人気サイドで勝ってくることが要求される。能力差の大きいメンバー構成で行われているので、あまりひねりすぎは良くない。

 ただ、今年の1番人気は海外帰りのエピカリスなので、多少そこが引っ掛かる人もいることだろう。前走取り消しの原因となった不安そのものは解消しているが、人気馬を蹴るとしたら今年がチャンスではある。ただこれまでのレースを振り返ると能力的には抜けている印象があり、レースの堅さを考えると素直に買うほうが良いような気がするが……。

 タガノディグオは前走ジャパンダートダービーで3着だったが、内枠から下げて外に持ち出す形になって距離損があった。内容的にはかなり強い。初手はどのみち後ろからなので大外枠は問題ないが、捲り馬なのでそのタイミングが合うかどうかだ。展開次第、というところだろうか。

 過去の例を見るとジャパンダートダービー組は4〜5着あたりに負けてきた馬でも通用しているので、ノーブルサターンも馬券の対象として意識しておきたい。こちらは位置を取れる馬なので、単純な前残りで穴になる可能性はある。

 ハルクンノテソーロは終い堅実な差し馬だが、ファスリエフの距離延長+初距離というのは引っ掛かる。地方だと距離をこなすファスリエフだが、中央のダート1800mは1600m以下より勝率・複勝率がぐっと下がり、たまに出る穴馬券によって回収率は高いという傾向にある。人気サイドでの距離延長は馬券的にはプラスではない。

 テンザワールドは今回2頭いる前走1000万条件勝ち馬の1頭。距離を伸ばしてから良くなっている印象があるし、岩田騎手とこのコースの相性も良い。近走いまひとつな前走オープン組よりは人気サイドで1000万条件を勝ってきた馬のほうが良いのもこのレースの傾向ではある。

 イブキは初ダートがいきなり重賞ということになるが、ルーラーシップ産駒はここまで新潟ダート1800mで4戦4連対。ちなみ人気は1,3,4,8番人気。そうなるとイブキとタガノグルナは気になるところだが、後者はこのレースで滅多に馬券に絡まない前走500万条件勝ち組。取るならイブキのほうだろう。

 シゲルコングは3歳になってから苦戦続き。シニスターミニスター産駒とこのコースの相性は悪くないが、いきなり復活しそうな雰囲気は感じられない。

 逆にタガノカトレアは前走で少しだけ復活の兆しが見えた印象。勝つところはイメージしづらいが、ぎりぎりの3着候補くらいには検討できる。

【予想】須田鷹雄の勝負予想は『ウマい馬券』でチェック!
※PC・スマートフォンよりご覧ください。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1970年東京生まれ。競馬評論家、ギャンブル評論家。中学生時代にミスターシービーをきっかけとして競馬に興味を持ち、1990年・大学在学中に「競馬ダントツ読本」(宝島社)でライターとしてデビュー。以来、競馬やギャンブルに関する著述を各種媒体で行うほか、テレビ・ラジオ・イベントの構成・出演も手掛ける。競馬予想に期待値という概念を持ち込み回収率こそが大切という考え方を早くより提唱したほか、ペーバーオーナーゲーム(POG)の専門書をはじめて執筆・プロデュースし、ブームの先駆けとなった。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング