スマートフォン版へ

【300勝達成】武士沢友治騎手(4)『知られざる……ジョッキー・武士沢友治の真実』

  • 2017年08月28日(月) 12時01分
おじゃ馬します!

▲武士沢騎手のインタビュー最終回「ブッシーファンのあいだで囁かれている弱点」とは?


読者からの質問を通じて武士沢騎手の魅力に迫ってきたインタビューも、今回が最終回。最後のテーマは『ジョッキー・武士沢友治の真実』です。競馬の前にやっているという激ムズなルーティンから、自分で思う短所とブッシーファンのあいだで囁かれている弱点、一番真剣に辞めることを考えた時…など、まだまだ出てくる武士沢騎手の“深み”を余すところなくご紹介します。(取材:赤見千尋)


(前回のつづき)

トウショウナイトの存在が今でも大きい


赤見 最後のテーマは、『ジョッキー・武士沢友治の真実』です。ゆる〜い質問から真面目な質問まで、いくつかご紹介していきたいと思います。まずはですね、「レースに騎乗するにあたって、なにかルーティンはありますか? (中目黒さん)」

武士沢 えーとね、こうやって(下記画像を参照)指を回すこと。

おじゃ馬します!

赤見 えっ? どこでやってるんですか?

武士沢 パドックで待っているときに。ルーティンというより、もう癖だよね。親指だけじゃなく、全部の指を回す。

赤見 あ、親指だけじゃないんですね。これ、意外と難しい!

武士沢 でしょ? 僕がこれをやってると、周りのジョッキーたちも同じようにやろうとするんだけど、みんな「親指以外はできねーよ!」って(笑)。これはね、関節の動きをほぐすのにいいって聞いたんだよね。けっこう前から暇さえあればやってるかも。

赤見 なんか、涼しい顔してグルグル回しているのが面白い!

武士沢 パドックに出ていく前は大抵やってます。立っている位置によっては、ファンからも見えるかも。

赤見 ファンもグルグルやり出したりして〜。

武士沢 それはダメ! ファンのみなさん、僕が集中できなくなりますので、くれぐれも真似しないでくださいね(笑)。

赤見 はい、そこはしっかり書いておきます(笑)。続いては、「武士沢さんの競馬を見ていると、とても楽しそうに乗っているように見えます。勝負の世界ですから結果はもちろん大切ですが、どんなレースであっても、やはり馬に乗ることは楽しいですか? (しおりーなさん)」

武士沢 “普通の馬”だったら楽しいです(笑)。でもやっぱり、難しい馬だったりすると、考えなくちゃいけないこともたくさんあるから…。そういう過程も楽しめるのが本当はいいんだろうけど、正直、決して楽しくはないです(苦笑)。それはもう真剣ですからね。

赤見 でも、馬に乗ること自体は大好きですよね。

武士沢 それはもちろん好きですよ。僕が楽しそうに見えるのは、ひょっとして返し馬じゃない? 進んでいくのかなと思ったら、まったく進まなかったりして、思わず笑っちゃうこととかあるから。「えっ? お前、そうなの!?」みたいな(笑)。

赤見 なるほど。返し馬では、馬に突っ込みを入れている瞬間があるわけですね(笑)。続いては、「優しくて紳士的でファン思いの武士沢騎手。男でも惚れてしまうほどですが、自分で思う短所はどこですか? (アシコシツヨシさん)」

武士沢 そうだなぁ、たまにテキトーになるところ。けっこうね、見切りが早いんですよ。考えて考えて、もうこれ以上考えてもしょうがないなぁと思ったら、すぐに「ま、いっか」ってなっちゃう。

赤見 変に引きずらないということですね。それは短所ではないのでは?

武士沢 自分としては、長所でもあり、短所でもあると思う。

赤見 もうひとつ、短所というか、武士沢騎手のダメなところについて…。

武士沢 なになに〜(笑)。

赤見 これは質問というよりクイズですね。武士沢さんは、いいところがいっぱいありますが、唯一、わたしの周りのブッシーファンのあいだで言われているダメなところがあります。さて、それはどこでしょう。

武士沢 えーっとね、髪型が変! 髪型とかね、本当にまったくこだわりがなくて。

赤見 違いまーす!

武士沢 じゃあ、眉毛が下がっているところ!

赤見 残念! 答えはですね、パドックでの写真が、いつも“スヤ〜”っと目をつむっているところ、だそうです(笑)。

武士沢 それ、俺がダメなわけじゃないじゃん(笑)! 俺がいつも“スヤ〜”っとしてるわけじゃなくて、ファンがそこを狙って撮ってるんでしょー! だって、意識して目をつむっているわけじゃないし。

赤見 ファンのあいだでは、けっこう有名みたいですよ、「武士沢さん、今日もまた“スヤ〜”だったね」って(笑)。

武士沢 それは絶対に俺がダメなんじゃない! 写真を撮るタイミングの問題です(笑)。そうだ、次からはぜひ連写してください。そうすれば、一枚くらいは目をパッチリ開いてると思うから(笑)。

赤見 というわけで、ファンのみなさん、今週からは連写でお願いします! では、このあたりでひとつ、真面目な質問を。「ジョッキーを辞めようと思ったことはありますか? もしあるとしたら、それはどんなときで、それでも続けられる理由はなんですか? (モンチャックさん)」

武士沢 辞めようと思ったことは、数え切れないほどあります。勝てないときとか、ケガをしたときとか…。もう辞めなくちゃダメかなって。

赤見 それでも続けてこられたのは、何がモチベーションですか?

武士沢 それは、そこに馬がいるからですよ。馬がいるから続けられる。

赤見 すごいですね。「そこに山があるから…」みたいな。

武士沢 そうそう。毎週毎週、乗る馬がいるわけじゃないですか。だから、俺のジョッキー人生は終わらない。もちろんね、あきらめるのは簡単ですよ。結局、見切りをつけるのは自分だし、自分があきらめたらそこで終わりだからね。でも、今はまだあきらめてない。だから終わらない。

赤見 名言ですねぇ。

武士沢 あと、ここまで続けてこられたのは、トウショウナイトの存在が大きいね。ジョッキーとしての生き甲斐というか…。それこそ、あの事故があったときが、一番真剣に辞めることを考えたから。

おじゃ馬します!

▲2006年のアルゼンチン共和国杯優勝時 (撮影:下野雄規)


おじゃ馬します!

▲トウショウナイトにとっても武士沢騎手にとっても初めての重賞タイトルとなった (撮影:下野雄規)


赤見 調教中の突然の事故でしたね。

武士沢 その存在自体を急に失ってしまったので…。でも今は、あの馬の存在があったからこそ、乗り続けようという思いがありますね。

赤見 武士沢騎手にとって、トウショウナイトは核ともいうべき存在なんですね。重賞初勝利もトウショウナイトでしたもんね(2006年・アルゼンチン共和国杯)。

武士沢 そう、核です。ビビりでうるさくて、実際に何回か落とされた(苦笑)。でも、競馬にいくと走る。難しいところも含めて、古馬になってもずーっと変わらなかったからね。そういう時間を通して、あの馬には「馬に乗るときは、最後まで油断するなよ」という大事なことを教えてもらった気がする。だからこそ、逆に多少癖がある馬だろうとなんだろうとなるべく乗って、どの馬もちゃんとゴール板まで連れてくるという当たり前のことを大事にできてるのかなって。そういう意味でも、トウショウナイトは俺の原点ですよね。

赤見 馬から学ぶことって、本当にたくさんありますよね。では、最後の質問を。「大目標を教えてください! (ハンターさん他)」

武士沢 そりゃあもう、GIを獲ることでしょう。まぁ、そう簡単に勝てないことは重々わかっていて、正直、GIってどうやって獲るの? どうやって勝つの? みたいな感じですけど(苦笑)。でも、ジョッキーはみんな、そこに向かっていくわけでね。俺も負けないように、そこに向かって前進していきたいですね。

(文中敬称略、了)

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

東奈緒美 1983年1月2日生まれ、三重県出身。タレントとして関西圏を中心にテレビやCMで活躍中。グリーンチャンネル「トレセンリポート」のレギュラーリポーターを務めたことで、競馬に興味を抱き、また多くの競馬関係者との交流を深めている。

赤見千尋 1978年2月2日生まれ、群馬県出身。98年10月に公営高崎競馬の騎手としてデビュー。以来、高崎競馬廃止の05年1月まで騎乗を続けた。通算成績は2033戦91勝。引退後は、グリーンチャンネル「トレセンTIME」の美浦リポーターを担当したほか、KBS京都「競馬展望プラス」MC、秋田書店「プレイコミック」で連載した「優駿の門・ASUMI」の原作を手掛けるなど幅広く活躍。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング