スマートフォン版へ

ハルウララのいる食堂

  • 2017年10月17日(火) 18時00分


◆高知競馬の歴史が沁み込んだ、らーめんとやきめし

 地方競馬では今や馬券売上げ全体の90%以上が場外発売で、ネット(電話)投票もそのうち67%を占めるまでになった。つまり競馬場にはお客さんが来なくなったということ。それにともない競馬場もリニューアルされるところが多く、人で溢れた昭和から平成初期の面影を残す競馬場もだいぶ少なくなってきている。しかし改修が進んでいない競馬場では、かつてのにぎわいを思い起こさせる屋台街や食堂街が残っているところもあって、当然のようにそのほとんどはシャッターが下りている。

 高知競馬場は前年比130〜140%で毎年売上げを伸ばしていて、その伸び率は全国でもトップ。売上げ全体に占めるネット(電話)投票の87.72%という割合も全国でダントツだ。一方、高知競馬場の1日平均の入場人員654人というのは全国で最少となっている(いずれもデータは2017年4〜8月)。

 そんな高知競馬場のスタンド裏には、かつてはにぎわっていたであろう食堂街があり、そのほとんどはシャッターが下りているのだが、その中でひっそりと営業を続けているのが岡林食堂だ。

斉藤修

高知競馬場のスタンド裏でひっそりと営業を続けているのがこの岡林食堂


 正直、この外観からは積極的にここで何かを食べようという気にはあまりならないかもしれない。ところがしかし

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1964年生まれ。グリーンチャンネル『地・中・海ケイバモード』解説。NAR公式サイト『ウェブハロン』、『優駿』、『週刊競馬ブック』等で記事を執筆。ドバイ、ブリーダーズC、シンガポール、香港などの国際レースにも毎年足を運ぶ。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング