スマートフォン版へ

生え抜きが活躍する高知

  • 2018年05月08日(火) 18時00分


◆なぜ強い馬が続けて出てくるのか、検証の価値はあるはず

 先週のこのコラムでは、地方競馬の新人騎手6名のうち4名が初勝利を挙げたと伝えたが、その直後、5月3日には北海道の落合玄太騎手が16戦目で初勝利を挙げた。残るは大井の吉井章騎手だが、さすがに南関東の、それも大井所属ともなると、新人騎手にとってはひとつ勝ち星を挙げるのも難しい。それでも5月7日現在で2着は3回あるので、近いうちの初勝利を期待したい。

 さて本題。6日に行われた高知3歳の一冠目、黒潮皐月賞は、1番人気に支持された牝馬のヴァリヤンツリがゴール前で見事に差し切りを決めた。

喜怒哀楽

高知3歳の一冠目、黒潮皐月賞はヴァリヤンツリが優勝(写真提供:高知県競馬組合)


 高知では売上げが低迷した一時期、2歳馬の入厩がほとんどなく、2歳重賞が中断されていた時期があった。それでも2009年度に金の鞍賞が復活(2010年1月1日の実施だったので実際には3歳重賞だが)。さらに2歳馬の入厩を促進するため、2015年には、当時の高知競馬としては破格に高額な1着賞金50万円の2歳新馬戦を実施。その勝ち馬の1頭、ディアマルコは、翌2016年グランダム・ジャパンの3歳シーズンでは2位、古馬シーズンでも3位に入るなど全国区で活躍。地元高知でも高知優駿と黒潮菊花賞の二冠を制した。

 さらに2016年にデビューした2歳馬からはフリビオンが出た。黒潮皐月賞、高知優駿の二冠を制し、三冠確実と思われたが、三冠目の黒潮菊花賞と西日本ダービー(佐賀)の日程が近かったため、より上を目指して西日本ダービーに遠征、見事勝利を収めた。水沢のダービーグランプリは惜しくも2着に敗れたものの、地元に戻って3歳ながら高知県知事賞を制して見せた。

 2年連続で地元高知生え抜きの馬から世代のチャンピオンが誕生。そして

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

いざダービー&新馬スタート! 14日間無料キャンペーン中!

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1964年生まれ。グリーンチャンネル『地・中・海ケイバモード』解説。NAR公式サイト『ウェブハロン』、『優駿』、『週刊競馬ブック』等で記事を執筆。ドバイ、ブリーダーズC、シンガポール、香港などの国際レースにも毎年足を運ぶ。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング