スマートフォン版へ

“世紀末覇王”テイエムオペラオーを偲んで(前編)――和田竜二騎手「あの感触を忘れるわけにはいきません」

  • 2018年06月21日(木) 18時02分
和田騎手

▲5月17日にこの世を去ったテイエムオペラオー。その主戦騎手を務めていた和田竜二騎手にお話を伺いました。


5月17日にこの世を去ったテイエムオペラオー。今年は6月24日に行われる宝塚記念をはじめ、GI・7勝の金字塔を打ち立てました。同馬の栄光を偲び、主戦騎手を務めた和田竜二騎手にいま改めて、その思い出を振り返っていただきます。

またnetkeibaではユーザーの皆様から、和田騎手とテイエムオペラオーへのメッセージを募集。頂戴したたくさんのあたたかなメッセージを和田騎手にお届けしました。

本日はそのインタビューの前編を公開。後編は明日6/22(金)18時に公開予定です。(取材・文:不破由妃子)



「死んでしまう前は負けたレースをよく思い出していたんやけど…」


──5月17日、テイエムオペラオーが22歳で旅立ちました。

和田 ショックでしたね。ただ、スペシャルウィーク(2018年4月27日没)のこともあったから、なんとなく嫌な予感はしていたんやけど…。キタサンブラックに記録(生涯獲得賞金)を抜かれ、岩元先生の引退を見届けて……なんか、ようわかってるよね。

──22歳ということは、人間でいうと60代半ば。心臓麻痺だったそうですね。

和田 そうですね。種付けもしていて、普段は放牧地を走り回っていたみたいやから、元気過ぎたのかもしれん。

──最後に会いに行ったのはいつだったんですか?

和田 もう何年も前ですね。そのときに噛まれたから、もう行かんとこうかと(笑)。いや、本当はね、中央のGIを勝ったら会いに行く…っていうどうでもいい決め事を勝手にしていたもんやから。GIを勝ったら堂々と会いに行けるかなと思ってね。でも、(勝てない期間が)あまりにも長すぎて(苦笑)。

──そうだったんですね。後悔があるのでは?

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

netkeiba豪華ライター陣による本格的読み物コーナー。“競馬”が映し出す真の世界に触れてください。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング