スマートフォン版へ

夏の上がり馬のレベルが特に高い今年。その注目の筆頭株が登場!!/セントライト記念

  • 2018年09月13日(木) 19時00分


 こんにちは、むねひろ よしたかです。

 先週でサマーシリーズが全て終了。スプリントはアレスバローズ・マイルは該当馬なし・2000はメドウラーク・ジョッキーズは福永祐一騎手が優勝しました。

 9日(日曜日)の韓国で行われたコリアC『G1』(ダ千八)はロンドンタウンが連覇。コリアスプリント『G1』(ダ千二)はモーニンが勝利。昨年に続いて、共に日本馬が優勝しました。ロンドンタウンは15馬身差の圧勝劇。特に中距離に関してはまだかなり大きなレベル差があることを示す内容となりました。

 今週末16日(日曜日)には凱旋門賞の前哨戦であるフォワ賞『G2』(芝二四)にクリンチャーが出走。改修工事で3年振りの開催となるパリロンシャン競馬場ですが、4月の開催ではあまりにも馬場状態が悪いのでジョッキーが主催者側に抗議したとのこと。夏場のオフシーズンにメンテナンスされたようで、今週のフォワ賞の競馬は本番の凱旋門賞の馬場レベルを測るのにしっかりとチェックしなければいけません。

 クリンチャーは極悪馬場の菊花賞で『2』着とし、続く「重」の京都記念で強敵を撃破し重賞初勝利を飾っている重い芝巧者。ライバル勢が気にするようならば、悪い馬場も味方になるでしょう。

◆セントライト記念

ターゲット馬→

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

日本屈指の理論派で、高配当馬券に注目する“競馬穴リスト”。馬場レベルを基本とする『激走レンジ』を駆使するのは既に有名だが、『馬券の買い方』についてもこれまで世になかったメカニズムを発表し、第一人者となる。グリーンチャンネル『KEIBAコンシェルジュ』でも活躍中。主な著書に『同じ予想でプラスになる人、ならない人』など。
公式ホームページ名は『ムネヒロネット』。

ウマい馬券にて『激走レンジ』の予想提供中!

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング