スマートフォン版へ

【浜中俊×藤岡佑介】第2回『23日間の騎乗停止処分 自身の口で語る“マイルCS”』

  • 2018年02月28日(水) 18時01分
with 佑

▲マイルCSでの騎乗停止処分、様々な思いが交錯したあの日を改めて振り返ります


順風満帆だった浜中騎手の騎手人生に、大きな影を落とした2016年のマイルCS。ミッキーアイルで逃げ粘って勝利するも、最後の直線で外側に斜行し、4頭の進路を妨害。23日間の騎乗停止処分を受けました。GIでの出来事に、関係者からもファンからもあがる声は大きく、その現実と自身の責任をただ一心に受け止めてきた浜中騎手。いま改めて当時を振り返るとともに、これまで口に出さなかったある思いを、初めて明かします。(取材・構成:不破由妃子)


事象だけを見ると処分は仕方ない、ただ同じ騎手として気持ちは大いにわかる


佑介 東京新聞杯のケガから5月に復帰して、そこから秋の後半までは順調だったけど…、今度はマイルCSでの騎乗停止があって。あれは反響が大きかったよなぁ。ネットの反響も大きかったし、競馬関係者以外の人からも「あの騎乗はどうなの?」ってたくさん聞かれたもん。GIの怖さを改めて思い知ったよ。ハマも反響の大きさに驚いたんじゃない?

浜中 はい。エゴサーチは怖くてできませんでしたけど(苦笑)。でも、自分でそんなことしなくてもわかるくらいの影響の大きさを感じたので。当然、被害を与えてしまった先輩騎手からも指導を受けましたし、裁決からもきつく言われましたしね。表彰式も正直きつかったですから。

佑介 あの表彰台の上の、魂が抜けたようなハマの顔が忘れられない。カップや花束を持ってんねんけど、今までに見たことがない種類の顔をしてた。

浜中 またあの日の天気が何とも言えへん天気で。僕からすると、“この世の終わりなんちゃうかな”というような淀んだ空の色だったんですよ。それに、あの日は嫁さんと子供も競馬場にきていて…。だから余計に気まずかったんですよね。

with 佑

▲GI勝利も、馬上の浜中騎手に笑顔はなかった (C)netkeiba.com


佑介 野次が凄かったみたいだもんね。でもまぁ、それは仕方がないことというか。

浜中 野次が飛ぶのは当然だと思います。ただ、あの日は嫁さんと子供がちょうど僕から見えるところにいたんですよ。だから、僕への野次が、当然子供にも聞こえていて…。それがきつかったですね。普通なら、最後にひと言、ファンのみなさんに向けて話すじゃないですか。でも、あのときばかりは、本当に申し訳なかったんですけど、「やりたくないです」とわがままを言わせてもらって、サーッと帰りました。

佑介 ハマの場合、家族が競馬場にくること自体、珍しいもんね。

浜中 そうなんです。来る予定も聞いていなかったので、嫌な予感がしたんですが…。

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

質問募集
with 佑 / 藤岡佑介
このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。あなたから
コラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。
質問フォームへ
with 佑とは
JRAジョッキーの藤岡佑介がホスト役となり、騎手仲間や調教師、厩舎スタッフなど、ホースマンの本音に斬り込む対談企画。関係者からの人望も厚い藤岡佑介が、毎月ゲストの素顔や新たな一面をグイグイ引き出し、“ここでしか読めない”深い競馬トークを繰り広げます。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1986年3月17日、滋賀県生まれ。父・健一はJRAの調教師、弟・康太もJRAジョッキーという競馬一家。2004年にデビュー。同期は川田将雅、吉田隼人、津村明秀ら。同年に35勝を挙げJRA賞最多勝利新人騎手を獲得。2005年、アズマサンダースで京都牝馬Sを勝利し重賞初制覇。2013年の長期フランス遠征で、海外初勝利をマーク。2018年には、ケイアイノーテックでNHKマイルCに勝利。GI初制覇を飾った。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング