スマートフォン版へ

【2018ドバイWC】有力馬の走りを映像でチェック!/前哨戦レース映像まとめ

  • 2018年03月29日(木) 20時30分
 昨年の優勝馬・アロゲート、同2着でBCクラシック、ペガサスワールドCと連勝したガンランナーと、二大巨塔が引退。一転、群雄割拠の様相を呈してきたこの路線。

 主役はBCクラシック、ペガサスワールドCをともに好走したウエストコーストになりそう。米クラシック三冠の次に価値のある競走と位置づけられる「真夏のダービー」ことトラヴァースSでGI初制覇。その後、ペンシルバニアダービーを勝って、超一線級相手のBCクラシックとペガサスワールドCで相まみえたわけだが、そこでも十分力が通用することを証明した。そこで敗れた馬がいない今、一気にこの路線の主役に躍り出ても不思議ではない。

 対するは、昨年のBCターフ優勝馬タリスマニック。ダート自体は初めてだが、地元フランスで出走したステップレースはオールウェザーを選択。僚馬クロスオブスターズを退けて、ここに臨んできた。昨年はフランス、米国、香港と出走し、すべてで3着以内と、常に安定して力が出せるもの魅力。

 さらにはBCディスタフに優勝したフォーエバーアンブライドルド、昨年のUAEダービーでエピカリスに競り勝ったサンダースノー、ペガサスワールドC3着のガンナヴェラなどが出走。

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

専属特派員による現地からの最新情報や、著名人によるレース展望・レポートなど、日本馬出走の海外ビッグレース情報をどこよりも詳しく、より早くお届けします。公開はプレミアムサービス限定となります。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング