スマートフォン版へ

勢いある3歳世代・グリムとチュウワウィザードに注目/名古屋グランプリ

  • 2018年12月23日(日) 18時00分

個性豊かなメンバー揃う 目が離せない一戦


 12月24日(月・休)名古屋競馬場で行われる『第18回名古屋グランプリ』。1周1100mの小回りコースでコーナーを6回まわる2500m戦。ダートグレード競走最長距離重賞で、長距離を得意とする馬や、ここから飛躍を目指す面々など例年個性派が揃う興味深い一戦です。

 ルヴァンスレーヴを筆頭に大活躍をしている今年の3歳世代。白山大賞典を制したグリムも世代の層の厚さを示す1頭。古馬との初対戦をものともせずハイペースの逃げで2着センチュリオンに5馬身差をつけレコード勝ち。続く前走・浦和記念では道中3番手からの競馬でオールブラッシュに敗れたものの、ゴール前で追いすがるクリソライトとの叩き合いののち2着を確保。相手関係が楽になる今回、負担重量54kgとくれば前に行って自分のペースでレースを進めることができるとみていいでしょう。初コンビとなる武豊騎手は2002年アッパレアッパレ(当時3歳)でこのレースを制覇。同じ3歳馬で久しぶりの勝利を目指します。

白山大賞典をレコードで制したグリム(写真は18年白山大賞典優勝時、撮影:武田明彦)


 JRA勢でもう1頭の3歳馬チュウワウィザード。デビュー以来ダートで7戦して【4-1-2-0】。4勝はすべて1800m。1000万下、1600万下と連勝ののち前走・師走S(中山・OP・1800m)では2着を確保。1着は兵庫チャンピオンシップを制している同世代のテーオーエナジー。さらにクイーンマンボ、マイネルバサラ等ダートグレード競走で活躍している面々に混じっての2着は立派で、力の比較からも上位争いに加わる可能性大とみます。

デビュー以来馬券圏内を外していないチュウワウィザード(写真は18年オークランドRCT優勝時、(c)netkeiba.com)


 センチュリオンは白山大賞典でグリムの2着。3月にマーチS(中山・1800m)を制している重賞ウイナー。ここ2戦はJBCクラシック(11着)、チャンピオンズC(12着)とともにGI・JpnIレースで強いメンバーと戦っての敗戦。初舞台の名古屋競馬場で、巻き返しを図ります。

白山大賞典でグリムに次いで2着に入ったセンチュリオン(写真は18年白山大賞典出走時、撮影:武田明彦)


 ナムラアラシは長距離の差し馬。ダートグレード競走では昨年の浦和記念4着が最高着順。岩田康誠騎手との初コンビで、展開次第では出番も。

ダートグレード競走では昨年の浦和記念で自己最高順位の4着に入ったナムラアラシ(写真は17年浦和記念出走時、撮影:高橋正和)


 忘れてはいけないミツバ。7月にマーキュリーC連覇を達成。その後、順調さを欠き白山大賞典11着、チャンピオンズC8着ですが、3月の名古屋大賞典2着のコース適性からも巻き返し必至。母セントクリスマスで、24日クリスマスイブに行われる決戦にふさわしく、母が名古屋競馬場で8勝を挙げているというのも心強い材料。2歳時以来久しぶりのコンビとなる福永祐一騎手は、母にも祖母ゴールデンジャックにも騎乗していたゆかりの血統。

マーキュリーC連覇を達成したミツバ(写真は18年マーキュリーC優勝時、撮影:武田明彦)


 名古屋グランプリはコース適性も相まってリピーターが上位に来ることも多いレース。そこで大注目は地元愛知のカツゲキキトキト。2016年、2017年と2年連続して3着。全国各地の重賞で上位争いを演じている、地方競馬のダート長距離のトップホースの1頭であることは間違いありませんが、届きそうでなかなか届かないタイトル。5歳になった今年も地元のレースでは快勝続きで衰え知らず。地元名古屋で悲願のダートグレード競走初制覇を目指します。

名古屋グランプリで2016年、2017年と2年連続して3着に入っているカツゲキキトキト(写真は17年名古屋グランプリ出走時、撮影:高橋正和)


 ホッカイドウ競馬から参戦するハッピースプリント。2013年の全日本2歳優駿、2014年羽田盃を含む6連勝で東京ダービーを制覇した南関東クラシック2冠馬。その後はジャパンダートダービー2着、2015年かしわ記念3着、帝王賞3着とホッコータルマエ、コパノリッキーらチャンピオンホースと戦い続け、ついに浦和記念を制覇。地方競馬の実力馬としての地位を築きましたが、2016年2017年は勝ち星から遠ざかっていました。デビューの地・ホッカイドウ競馬に移籍した初戦で復活の勝利を挙げ、前走・道営記念では4着。ダートグレード競走でも復活の走りを見せるべく名古屋競馬場に初登場です。

2013年の全日本2歳優駿を制覇したハッピースプリント(写真は13年全日本2歳優駿優勝時、撮影:高橋正和)


 グリムとチュウワウィザード。勢いある3歳馬2頭に大注目ですが、それを阻止するべく他陣営も虎視眈々。カツゲキキトキトの地元での快挙なるか?ミツバの復活なるか? センチュリオンの巻き返しはあるのか? 勝ちタイム2分40秒を超えるドキドキの長距離重賞。ジョッキーたちの駆け引きも含め、来年以降へと繋がる決着を見つめたいと思います。

※次回の更新は12月26日(水)18時。翌日に園田競馬場で行われる「兵庫ゴールドT」のコラムをお届けします。

名古屋グランプリの出馬表はこちら→→→
場外発売所一覧はこちら→→→
名古屋競馬のホームページはこちら→→→
地方競馬情報サイトはこちら→→→

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

埼玉県出身。フリーアナウンサー。競馬好きが高じてこの世界へ。2001年から15年間、グリーンチャンネルで「中央競馬全レース中継」のキャスターを務める。2016年度から「グリーンチャンネル地方競馬中継」のコメンテーターとして出演。さらに全国各地の競馬場のトークイベントに参加するなど、中央競馬・地方競馬の垣根を越えて活躍中。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング