スマートフォン版へ

【小崎綾也×野中悠太郎×坂井瑠星】若手海外組が集結!「海外に行って改めて感じる“武豊”の偉大さ」第1回

  • 2018年12月29日(土) 18時02分
海外競馬通信

▲(左から)坂井瑠星騎手(21)、小崎綾也騎手(23)、野中悠太郎騎手(22)


短期免許で来日する外国人騎手が目立つ一方で、日本の若手騎手たちが果敢に海外に挑戦しています。2017年8月から4カ月間オーストラリアに滞在した小崎綾也騎手(23)、2018年3月から7カ月間アイルランドで修行した野中悠太郎騎手(22)、2017年11月から1年1カ月の長期間オーストラリアに行っていた坂井瑠星騎手(21)。

遠征中はnetkeibaで連載コラムを担当してくださった3騎手。全員が帰国したこのタイミングで対談が実現しました。貴重な経験を通して、3人それぞれが吸収してきたものとは。各国の競馬事情やお互いの成果を、熱く語り合います!

(取材・文=不破由妃子)


「小崎先輩にやられた〜!」と思いました(笑)


──小崎騎手が2017年8月から4カ月、坂井騎手が2017年11月から1年1カ月、ともにオーストラリアへ、そして野中騎手が今年3月から7カ月、アイルランドに遠征されました。今日はそれぞれの武者修行について、現地でのお話はもちろん、帰国して感じるご自身の成長や遠征の成果など、いろいろ伺っていきたいと思います。

小崎野中坂井 よろしくお願いします!

──遠征期間中は、みなさんnetkeibaさんでコラムを連載されていましたよね。それぞれの現地での奮闘ぶりがよく伝わってきて、毎回楽しみにしていました。

坂井 先にオーストラリアに行かれた小崎先輩のコラムはずっと読んでました。大変なんだろうなぁと想像しつつも、僕も行くことが決まっていたので頼りにしていたところがあります。

 あと、海外に行くと決めたとき、僕もヨーロッパという選択肢もあったので、野中先輩のコラムは興味深かったですね。アイルランドは乗り馬の確保が難しいと聞いていたので、そんな厳しい環境に長いあいだ身を置かれて、すごいなぁと思っていました。

野中 僕も毎回欠かさず読んでましたよ。去年、フランス(6月に行われた若手騎手招待競走に参加)から帰ってきてすぐに海外に行こうって決めたんですけど、そのときに「最近の若手は誰も海外に行ってないから、俺が一番最初に行ってやる!」と思ったんです。でも、その直後に小崎先輩がオーストラリアに行くことが発表されて…。正直、「やられた〜!」と思いましたよ(笑)。

小崎 そうだったんや(笑)。

野中 はい。だから、小崎先輩のコラムを読みながら、海外へ行きたいという気持ちがさらに掻き立てられたところもありますね。

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

専属特派員による現地からの最新情報や、著名人によるレース展望・レポートなど、日本馬出走の海外ビッグレース情報をどこよりも詳しく、より早くお届けします。公開はプレミアムサービス限定となります。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング