スマートフォン版へ

今年も2歳戦を席巻する角川厩舎

  • 2019年07月02日(火) 18時00分

まさに“あっぱれ”な活躍 函館2歳Sに3頭出しも!?


 日本で最初の2歳重賞・栄冠賞が6月27日、門別競馬場で行われた。ゴール前で抜け出したのは牝馬のバブルガムダンサー。管理するのは、北海道の2歳戦線で毎年のように有力馬を送り出す角川秀樹調教師だ。

 ホッカイドウ競馬は4月17日にシーズンがスタートしてまだ2カ月とちょっとが過ぎたばかりだが、ここまでの2歳戦では例年以上に角川厩舎の活躍が顕著だ。

 6月までに行われた門別の2歳戦で、角川厩舎はJRA認定競走(上級認定および栄冠賞も含む)で早くも14勝(ほかに2歳未勝利戦1勝)を挙げている。次いで田中淳司厩舎がJRA認定競走6勝(ほかに2歳未勝利戦2勝)だから、ここまでの2歳戦ではいかに角川厩舎が抜けているかがわかる。まさに“あっぱれ”な活躍だ。

 栄冠賞は

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1964年生まれ。グリーンチャンネル『地・中・海ケイバモード』解説。NAR公式サイト『ウェブハロン』、『優駿』、『週刊競馬ブック』等で記事を執筆。ドバイ、ブリーダーズC、シンガポール、香港などの国際レースにも毎年足を運ぶ。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング