スマートフォン版へ

ジャパンCダート

  • 2005年11月25日(金) 12時52分
 公営の4歳アジュディミツオーを狙いたい。中央競馬に初登場の前走は、59kgで距離不足の1600m。4着に負けはしたが、東京ダートを経験できた。好位でタメも利き、ステップレースとすれば上々だろう。もとより秋の大目標がこのレースだった。

 今春、4歳馬ながらドバイワールドCに挑戦。力及ばず失速したものの、6着なら上々。昨年挑戦したアドマイヤドン(ジャパンCダート3、2、2着)などより、レースぶりは良かった気もする。この馬、大井のダート2000mを連続して2分02秒6で乗り切り、タイムパラドックス(昨年のジャパンCダート勝ち馬)に2度ともに先着している。父アジュディケーティングは中央ではダンチヒ系のダートの短距離馬を送る程度で評価は高くないが、公営の種牡馬ランキングは2001年以降1、1、1、1位。今年もトップを独走している。ダンチヒ系の世界の中〜長距離GIへの驚異的な広がりは知られるところで、ジャパンCの英ウィジャボードの父や、デザートキング、ピルサドスキー、シンダーなどの父系もみんなダンチヒが出発点。距離適性の幅はどんどん広がっている。

 アジュディミツオーの牝系はもう1世紀も日本が育てたフラストレート系で、プリメロやトウルヌソルが基盤。母の父ジャッジアンジェルーチ、その前がトンピオン。渋すぎるが、アメリカを象徴するダート血統そのものの血で、丈夫でタフで、いつか大物を送り出すチャンスをうかがっていた。そういうムードだ。公営馬というとどうしてもランクは下にされるが、記録はタイムパラドックスや、アドマイヤドンより一枚上。ジャパンCダートで通用の裏付けはある。

 未対戦の馬や外国馬は怖いが、この距離2100mなら、人気の3歳カネヒキリと少なくとも互角だろう。狙う価値はある。もう1頭、左回りのダート1、1、1着。2300m戦で好走しているサカラートも魅力。アフリートは今春の米2冠を圧勝のアフリートアレックスの祖父となったように、短距離限定ではない。こちらも3走前、長丁場でタイムパラドックスに勝っている。鞍上はL.デットーリ。脚質はたしかに単調だが、とても簡単にバテるとは思えない。相手の筆頭としたい。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1948年、長野県出身、早稲田大卒。1973年に日刊競馬に入社。UHFテレビ競馬中継解説者時代から、長年に渡って独自のスタンスと多様な角度からレースを推理し、競馬を語り続ける。netkeiba.com、競馬総合チャンネルでは、土曜メインレース展望(金曜18時)、日曜メインレース展望(土曜18時)、重賞レース回顧(月曜18時)の執筆を担当。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング