スマートフォン版へ

【エリザベス女王杯】クロノジェネシス、最後まで余力を残し好タイム

  • 2019年11月03日(日) 18時00分
中央所属馬のレース1週前調教をレポート。1週前から各馬の状態をチェックしておくことは馬券的中に欠かせません。

アルメリアブルーム
 ここ4走、馬体重の増減が二桁。ローテーションと調整過程が影響しているが、1週前は坂路で負荷の掛かったケイコを施されている。体調は良さそうだ。

ウラヌスチャーム
 直線前に馬を置く形からゆっくりと追い出されると、鞍上の指示にすぐさま応え手脚を豪快に伸ばして伸びてくる。栗東滞在で環境にも慣れ体のハリが抜群。

クロコスミア
 いつも通り少しハミをかんでいるが、

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング