スマートフォン版へ

【新春SP!兄弟対談】「年に何回かやってくる、康太騎手が手が付けられなくなる日」/藤岡康太騎手 第3回

  • 2021年01月21日(木) 18時02分
with 佑

▲大ブレイクの可能性を秘める康太騎手、お兄ちゃんにガチ相談!? (撮影:桂伸也)


佑介騎手の弟・藤岡康太騎手をゲストにお招きしての兄弟対談。第3回となる今回は、ディープな話へと進んでいきます。デビュー時から「センスがある」と評判だった康太騎手。GI勝利も早々に果たし、大ブレイクをいまかいまかと待っているうちに……。大爆発のきっかけを、 教えて! お兄ちゃん!!

(取材・構成=不破由妃子)

※本コラムは昨日公開予定でしたが、都合により本日の掲載とさせていただきます。

「家族5人のなかで、康太が一番芯が強い」


──佑介さんといえば、よく後輩ジョッキーから相談を受けているイメージがありますが、やはり康太さんも困ったときはお兄ちゃん?

康太 ん〜、よく後輩の相談に乗っているのは知っていますし、話を聞いてほしいなと思うこともある反面、やっぱり兄弟ならではの照れ臭さがあって話しづらいですね。もともと藤岡兄弟は、ベッタリの兄弟ではないので。

佑介 康太を見ていて「悩んでるんかな」と思うこともあるけど、普通の後輩のように、気軽に「なんかあったんか?」とは言いづらい。俺がちょっとでも違うことを言おうものなら、「そうじゃない!」って反撃されそうやから(笑)。

──康太さんに反撃される佑介さんなんて想像がつかない(笑)。

佑介 いやいや、康太を怒らせたら大変なんですよ。ホントに怖い(苦笑)。僕はものすごくムカつくことがあっても、ご飯を食べるか寝るかすれば「ま、いっか」ってなるんですけど、康太はそうじゃないし。

 とにかく両親を含めた5人家族(藤岡家は3兄妹)のなかで、康太が一番芯が強いというか、我が強いというか……“自分”というものが強いんです。相談事にしても、誰かに話すことで悩みが軽減することってあると思いますが、康太はそういうタイプじゃない。

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

質問募集
with 佑 / 藤岡佑介
このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。あなたから
コラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。
質問フォームへ
with 佑とは
JRAジョッキーの藤岡佑介がホスト役となり、騎手仲間や調教師、厩舎スタッフなど、ホースマンの本音に斬り込む対談企画。関係者からの人望も厚い藤岡佑介が、毎月ゲストの素顔や新たな一面をグイグイ引き出し、“ここでしか読めない”深い競馬トークを繰り広げます。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1986年3月17日、滋賀県生まれ。父・健一はJRAの調教師、弟・康太もJRAジョッキーという競馬一家。2004年にデビュー。同期は川田将雅、吉田隼人、津村明秀ら。同年に35勝を挙げJRA賞最多勝利新人騎手を獲得。2005年、アズマサンダースで京都牝馬Sを勝利し重賞初制覇。2013年の長期フランス遠征で、海外初勝利をマーク。2018年には、ケイアイノーテックでNHKマイルCに勝利。GI初制覇を飾った。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング