スマートフォン版へ

【フローラS予想】ユーバーレーベンほか有力馬の馬体をチェック!

  • 2021年04月19日(月) 18時00分
競馬専門紙「馬サブロー」が誇るパドックの達人・加藤剛史トラックマンにフローラS出走予定馬の中から6頭の馬体診断を行っていただきました。

(デイリースポーツ 馬サブロー・加藤剛史)

ウインアグライア

美浦・和田雄二厩舎 牝3


ウインアグライア

▲4月14日撮影


 牝馬らしいシャープで無駄のない体つきをしているが、ひと息入れた分で全体には余裕が残り表情もおっとりとしている。胸前に比べてトモが薄い体形はマツリダゴッホ産駒の特徴で、スピードの持続力はあるタイプ。馬体のインパクトはなく、体を膨らませて成長してくるイメージもないが、真面目に一生懸命走る性格と豊富な経験を生かしたいところ。

オヌール

栗東・友道康夫厩舎 牝3


オヌール

▲4月14日撮影


 全姉デゼルよりもかなり小ぶりで、顔つきも幼く成長してくるのはまだまだ先。それでも前後のバランスが非常に良く、スラッとした脚付きをしていていかにも一瞬の速い脚を引き出せそうな体形だ。背腰がしっかりとしているので、小柄でもパワーを要する馬場状態は問題としない。現時点では体に丸みがあるので、姉のように輸送で馬体を減らさないことを願う。

スライリー

美浦・相沢郁厩舎 牝3


スライリー

▲4月14日撮影


 430キロ前後であまり体高がなく、

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

相馬の達人たちが重賞レースに出走する有力馬の馬体を診断します。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング