スマートフォン版へ

【京成杯予想】ホウオウプレミアほか有力馬の馬体をチェック!

  • 2022年01月11日(火) 18時00分
競馬専門紙「馬サブロー」が誇るパドックの達人・加藤剛史トラックマンに京成杯出走予定馬の中から6頭の馬体診断を行っていただきました。

(デイリースポーツ 馬サブロー・加藤剛史)


アライバル

美浦・栗田徹 牡3


アライバル

▲1月7日撮影(c)netkeiba.com


 早めに目標を定めて仕上げてくるノーザンファーム天栄調整馬。姿勢は新潟2歳S当時の方がたくましかったが、厳寒期でも馬体のラインがキリッとしていて太めがなく、1週前調教の走りも前回より上。短いつなぎと重厚な馬体で、決め手勝負よりも長く脚を使って持久力を生かしたいクチ。距離を延ばして中山に替わるのも全く問題としないだろう。

オニャンコポン

美浦・小島茂之 牡3


オニャンコポン

▲1月5日撮影(c)netkeiba.com


 ホープフルSを走ってから日が浅く正月の変則日程もあって一旦緩めたと思わせる写真。少しねじが緩んでぼやけた表情になっている。立ち姿、肌のハリともに前回の方が良かったが、この後に立ち上げて1週前の追い切りも消化しているので変わってはくるだろう。GIできれいな競馬では通用しなかったので、ポジションを意識した立ち回りが理想。

サンストックトン

美浦・鹿戸雄一 牡3


サンストックトン

▲1月6日撮影(c)netkeiba.com


 現OP、長丁場で走っている兄のサンアップルトンはゼンノロブロイ産駒で重さを感じさせたが、

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

相馬の達人たちが重賞レースに出走する有力馬の馬体を診断します。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング