スマートフォン版へ

【福永祐一騎手の変化と進化(1)】川田将雅騎手の証言「わからない人は何度見てもわからないくらいの緻密な計算」

  • 2022年05月23日(月) 18時02分
ノンフィクションファイル

▲川田将雅騎手が証言する「福永祐一騎手の変化と進化」 (撮影:福井麻衣子)


2018年にワグネリアンで初めてダービーを勝ったあと、「自分に欠けていた大事なピース、それがダービーだった」と語った福永祐一騎手。以降、福永騎手の勢いは増し、わずか4年間でダービー3勝、コントレイルで牡馬三冠も達成しました。

今春もジオグリフで皐月賞を制するなど、ファンの方にとっても厩舎関係者にとっても、これまで以上に信頼度の高いジョッキーに。そこで、福永騎手をよく知る関係者の方々にご登場いただき、「福永祐一騎手の変化と進化」を第三者目線で詳らかにしていこうという企画。

最初に登場するのは、プライベートでも親交が深く、もっとも近くで見ている川田将雅騎手。同じレースで戦う際の福永騎手にはどういった怖さがあるのでしょうか?

(取材・構成=不破由妃子)

↓掲載スケジュール↓
5/23(月)川田将雅騎手
5/24(火)四位洋文調教師
5/25(水)友道康夫調教師

自信がさらにいい結果を呼び込んでいる


──ご自身のコラム(「VOICE」隔週木曜18時掲載)で「多大なる影響を受けた人物」として、松田博資元調教師、藤岡佑介騎手とともに、その名前が挙がったのが福永祐一騎手。今回は、その福永騎手の『変化と進化』を第三者目線で詳らかにしていこうという企画なのですが、プライベートでも親交が深く、もっとも近くで見ている川田騎手にとって、同じレースで戦う際の福永騎手にはどういった怖さがありますか?

川田 いい意味で、祐一さんに怖さはないです。というのも、祐一さんのなかでちゃんと理論立てて競馬に乗っていますから、競馬の組み立てに関しても、なぜそういうレースをするのかという理論が確実にあるので。

 ということは、その理論を推測すれば、「今回はこういうレースをしてくるだろうな」というのがだいたいわかるんです。それを的確に推測するのは難しく、また、推測できるジョッキーがそもそも少なく、さらにそれを実行することはとても難しい。でも、祐一さんはしっかり実行してくる。皐月賞のジオグリフもそうでした。

ノンフィクションファイル

▲皐月賞でしのぎを削ったジオグリフとダノンベルーガ (撮影:下野雄規)


──道中はかなり長い時間、福永騎手のジオグリフと川田騎手のダノンベルーガが中団のポケットで併走していましたよね。

川田 ふたりとも同じようなポジションを取りたかった、そして祐一さんのほうがベストなポジションを実際に取った、というレースでした。あのレースの予想し得る流れのなかで勝つためには、あのポジションが一番いいと思えるポジションでしたから。だから、あのときも「やっぱりな、祐一さんならここにくるよね」と思いました。

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

netkeiba豪華ライター陣による本格的読み物コーナー。“競馬”が映し出す真の世界に触れてください。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング