スマートフォン版へ

安田記念&オークスを目指す有力馬が勢ぞろい!東西2重賞の追い切りチェック!

  • 2019年04月17日(水) 18時00分

パワフルな動きを見せたダノンプレミアム


 今週はG1のなか休み。ではありますが、トレセンニュースでもお伝えしたように、天皇賞・春へ向けての1週前追い切りは行われています。そんな中、既報された通り、シャケトラが追い切り中に故障、安楽死の処置がとられることになりました。

 CWコースで3頭併せを追いかける内容でしたが、その様子は先週と変わりないもの。ただ、直線に向いて、あまりスピードが乗ってこないなあという感じはありました。ラスト1F標識あたりでやっぱり伸びるなあと思った途端、ガクンと躓くような形になり、騎乗者が落ちてしまいます。あとは既報の通り。

 AJCCで復活勝利を遂げ、阪神大賞典で連勝。このまま無事に、と思っていた矢先のことですから、本当に残念。なにより、その一部始終をずっと見ていただけに、胸の奥になんとも言えない気持ちが残っています。

 とはいえ、これも競馬の宿命。各馬が無事にレースへ出走できることを願いつつ、追い切りをしっかりと見極めていく職務は全うしたいところ。今週は安田記念を盛り上げてくれるであろう有力馬が出走しているマイラーズCに注目です。

【フローラS/セラピア】

 スローペースのデビュー戦はさほど評価されないのかと思いましたが、2着に2馬身1/2の差をつけて圧勝はやはり人気の要因。まして持ったままの手応えでしたから、あのレースぶりは評価されて仕方ないのかも知れません。

 ただ、キャリア1戦という苦境には変わりなし。まして東京競馬場までの輸送があって、初めての左回り。前走から条件が好転すると断定できるところはひとつもありませんが、調教内容は前走よりも優秀。CWコースでの併せ馬でしたが、前走時よりも行きたがるところが少なくなり、追い出しも我慢できました。仕掛けてからの反応も俊敏。印を打つのは当然として、どの程度の扱いにすべきなのか、それが迷うところです。

セラピア

調教内容は前走よりも優秀に見えたセラピア(写真左)


【フローラS/アモレッタ】

 セラピアと同じ1戦1勝でもこちらは人気がないようですね。こちらは新馬戦で2着とは接戦だったことが影響しているのかも知れません。条件的にはほとんど変わりませんが、こちらも最終追い切りの動きを見てしまうと、キャリアが浅いことなど忘れてしまうようないい走りでした。

 CWコースで岩田望来騎手(レースは三浦皇成騎手)が跨って、フランドルを追走する内容。藤原英昭厩舎にしては珍しく、外から前を追い抜いていく内容で、最後はきっちり先着しました。時計はあまり速くなく、6F84.5〜5F68.2〜4F52.7〜3F37.4〜1F12.2秒でしたが、追われてしっかり伸びていた内容は評価したいところです。

アモレッタ

時計はあまり速くないが、追われてしっかり伸びていたアモレッタ(写真手前)


【マイラーズC/ダノンプレミアム】

 金鯱賞は日本ダービー以来。個人的には気持ちの面を心配していましたが、馬のことを信じて騎乗した川田将雅騎手のエスコートもあり、本当に強い内容だったと思います。ただ、当時の調教内容と今回を比較すると、リラックスしているのは断然今回。中間も含め、追い切りでは常に舌を出す余裕を見せています。

 ハミを噛みすぎるところがあるタイプだと思うので、それを考えると舌を出しているのは決してマイナスではありません。むしろ力みなく走れていて、なおかつ動き自体はパワフル。最終追い切りはCWコースで単走でしたが、常に川田騎手の指示を待てる状態。スピードの出し入れが自在なら、マイルでは無双状態でしょう。

ダノンプレミアム

追い切りでは常に舌を出す余裕を見せるダノンプレミアム


【マイラーズC/インディチャンプ】

 ダノンプレミアムの追い切りを確認した数分後。坂路モニターに目線を切り替えて、シエラネバダとの併せ馬を凝視しました。結論から言えば「十分に対抗できるし、それ以上かも」という迫力満点の動きだったと思います。

 4F時計的にはさほど速くありませんが、4F目が最も速くなるラップを踏めたのはスローペースが予想できるここで大きな武器になります。ここまで中間の坂路での乗り込み量は十分ですし、ここまで3連勝の勢いを維持している調教内容だと思います。あとは1キロ差あるダノンプレミアムとの今回の対戦でどんな競馬ができるかでしょう。

インディチャンプ

強敵ダノンプレミアムに対抗できると思わせる迫力満点の動きを見せたインディチャンプ


【マイラーズC/パクスアメリカーナ】

 ダノンプレミアムにとって、敵は身内にアリとなる可能性はこの馬。リゲルSでの圧勝を本物だと裏付ける走りが前走の京都金杯だったと思います。そもそもマイルしか走っていない専門マイラーな上、京都競馬場は得意の舞台。前走から1キロ増えますが、それを跳ね返すだけの力があるかどうか。腕試しには最適な舞台と相手でしょう。

 休み明けになりますが、追い切り本数は十分。最終追い切りはCWで単走でしたが、その動きはしっかりと気合を付けられて、ここへ向けてきっちり仕上げたという感じ。全姉ホエールキャプチャがヴィクトリアMを勝った実績を考えても、この相手で勝ち切るようなら、次の舞台でも十分にやれることが証明されそうです。

パクスアメリカーナ

しっかりと気合を付けられて、ここへ向けてきっちり仕上げたという印象のパクスアメリカーナ


◆次走要注意

・4/13 山藤賞【ヴァンケドミンゴ】(2人4着)

 前走の敗戦を糧にするなら、同じ競馬をすればよかっただけなのですが、いかにも中途半端なレース。末脚に託せば、上位3頭よりも鋭い脚を使えたのは間違いないと思いますし、本当に消化不良のレースだったと思います。

[メモ登録用コメント] [芝中距離]最終追い切りラスト1F最速ラップなら勝ち負け

◆今週の追い切り特報

・フローラS【グランデストラーダ】
 関東圏への輸送経験があり、500万下では3着実績。にもかかわらず、栗東所属馬では人気がなさそうですが、追い切りでの動きは確実に良くなっています。この中間は坂路での15-15の本数がかなり増えていますし、基礎的な体力が付いてきた印象すらあります。

※編集部注 グランデストラーダはフローラS回避となりました。

【予想】井内利彰の勝負予想は『ウマい馬券』でチェック!

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

調教をスポーツ科学的に分析した適性理論「調教Gメン」を操る調教捜査官。著書に「調教Gメン-調教欄だけで荒稼ぎできる競馬必勝法」「調教師白井寿昭G1勝利の方程式」「100%激走する勝負調教、鉄板の仕上げ-馬の調子、厩舎の勝負気配は調教欄ですべてわかる」など。また「Beginners room」では競馬ビギナー向けに教鞭をふるう。 関連サイト:井内利彰ブログ

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング